スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

coming soon...

ようこそおいでくださいました。
まずは近所の臥竜公園で、満開の桜を楽しんできてくださいませ。

fc2blog_20120425204117bca.jpg

臥竜池に映る桜が美しく、さくら名所100選にも選ばれています。

fc2blog_20120425204239efa.jpg

それでは、WEB内覧会を開催いたします。
玄関ドアを開けて、中でお待ちください。

fc2blog_20120426144139673.jpg
スポンサーサイト

WEB内覧会「玄関」

玄関で長いことお待ちいただいて、すみません

WEB内覧会、玄関からスタートです

玄関ドアを開けますと。。

未01

大きな玄関では無いので、土間部分を斜めにすることで左側にドアのある間取りにしても土間を広く取ることを可能にしています。

この写真時はまだ手すりが付いていませんが。
現在は左側を見るとこんな感じです。(過去記事参照→アイアンの手すり

iphone_20120402144755.jpg

反対側の、玄関ドア入って右側は、一番上の写真では開いていますが、ここは家族玄関への入口で土間続きになっていて、普段は半透明な扉で仕切って、家族だけが使うファミリークロークとなります。(過去記事参照→家族玄関

fc2blog_20120501074942bae.jpg

玄関照明は手前がプチシャンデリア(過去記事参照→玄関照明

MG_9608.jpg

奥はエコカラットを縦に細長く貼り、そこにブラケットで陰影を出しています。

fc2blog_20120501000025bbd.jpg

照明は写真ではなかなか伝わらないかと思いますが、夜は白熱灯ならではの雰囲気と陰影が良い感じに迎えてくれる玄関です

このブラケット側から玄関ドアの方を見ると。。

未03

すごく長い廊下があるように見えますが、実際は2、3歩でいける距離です(笑)

未02

家族玄関はこうしてドアで完全に隔離され、お客様からは中が見えません。

写真左にある窓は、ドアより上まで大きなガラス窓になっています。
北側の窓ですが、なぜこれだけ大きなものを入れたかわかる方いますかね?
玄関を明るくするため&風通しを良くするための他に、もう1つ理由があります
それはまたいずれ別記事にしますね

シャンデリアの横に穴が開いているのが見えますが。。。

fc2blog_201204302359588e3.jpg

建築中から読んでくださっている方は覚えてらっしゃるでしょうか?
2階の床に穴が開いていましたが、この部分なんです。
上を見上げると。。

fc2blog_20120430235904843.jpg

小さな吹き抜けが、勾配屋根の一番上まで繋がっています。
上の方の話は2階のWEB内覧会で書きますね。

家族玄関の中を覗くと。。

未04

写真正面にはパイプが通っていて、コートや塗れたもの等を土間上に掛けておくことができるようになっています。
その左には天井まで造作棚で、収納力があります。
写真で植物を置いてあるところはベンチで、ブーツを履く時に便利
ベンチの上は縦スリット窓と全身鏡があります。
この写真を撮った位置の辺もだいぶスペースがあって、収納棚を置いて米やビールやストック品等をかなり収納することができます

何でもかんでもとりあえず突っ込んで隠しておけるので、タント家屈指のものぐさスペースとなります(笑)

WEB内覧会「1階トイレ&洗面」

またまたお待ちいただいたので、トイレに行きたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?
というわけで、今日は1階のトイレをご案内します(笑)

4.jpg

上の写真はお風呂横の脱衣室から撮ったものです。
写真真ん中の赤いドアが寝室の入口。
右のダークブラウンのドアが1階トイレの入口。
左に見えるのが洗面台。
洗面は脱衣室の外に設置しています。
娘の友達等が遊びに来た際、脱衣室に入らなくても手洗い&うがいができるようにするためです

洗面台自体はヤマハさんの既製洗面台ですが、内山さんが壁にぴったり収まるように設計してくれてあります。

fc2blog_20120506233926343.jpg

壁と洗面台の隙間はコーキングでしっかり埋めてくれてあるので、ホコリや汚れの心配がありません

fc2blog_20120506233114bf8.jpg

シンクが深くて使いやすいです
水栓シャワーは引き伸ばせますが、まだ特に伸ばして使うシチュエーションはありません。

fc2blog_20120506233909615.jpg

鏡を開くと収納になっていますが、最下段は水切りになっているのが良いです

fc2blog_20120506233917c91.jpg

ダークブラウンのドアを開けると。。。

2.jpg

すご〜〜く奥に便器があるように見えますが、実際はノックに応えられる程度の広さです(笑)
LIXILのサティスで、タンクレスです。

この時はまだ紙巻き機が付いていませんが、今はこんな感じに付いています。

fc2blog_201205020721315dc.jpg

この面の壁だけは塗り壁です。
しあわせ家さんではお馴染みですが、霧島壁という火山灰を使った自然素材の塗り壁。
照明を点けた時の陰影が美しいのです

この壁の左下にあるのが埋め込み収納です。

fc2blog_20120502072152f84.jpg

壁に埋め込むタイプなので、出っ張りはこれだけ。

fc2blog_201205020722022f1.jpg

ですが扉を開くとトイレットペーパーでもトイレブラシでも入るだけの奥行きがあります。

fc2blog_20120502072140fd6.jpg

LIXILのカタログから選んでいる時に、紙巻き機付なのに妙に安いなぁと思ったのですが。。。
邪魔にならないのに必要な物は収納できるし、紙巻き機の上のカウンターに携帯等も置けるのでとても便利です


本当はこうして収納と紙巻き機が繋がっています。
しかし紙巻き機を普通に付ける場所には柱があり、埋め込み収納を埋め込むことができなかったため、大工さんが切り離してそれぞれを付けてくれました

入口ドアの上にも棚板をつけてもらい、こちらに何か置いておくこともできるようになっています。

fc2blog_20120502072217ffd.jpg

階段下収納等を除き、基本的には家中どこでも昼間は電気を点けなくても明るいタント家ですが、この1階トイレだけは薄暗いです。
この塗り壁や色使いが、少し暗い方が格好いいと思ったので
明るく派手目な雰囲気のタント家の中で、1階トイレと寝室はちょっぴり大人っぽくダークな雰囲気をイメージしました。

寝室横のトイレなので、照明を点けてもビカビカにはならず、霧島壁を照らして陰影を出す感じで、夜中に起きてトイレに行っても明る過ぎないようにしてあります



☆追記☆

除菌シートのお問い合わせがあったので追記します。
トイレクイックルの企画パッケージ商品です。
タント嫁は近所のホームセンターで購入しました。

こちら、よく見る普通のデザインや詰め替えと値段が変わらなかったので、見つけた時はちょっとハッピーでした。(もちろん、中身は1パック入って売ってますよ!)

限定らしいのですが、近くで見つからない場合はネットでも買えます~。
蓋のロゴは、包装のビニールにプリントされているだけなので蓋一面は爽やかなブルーの花柄


ちなみに、2階は前の企画パッケージで違う柄のケースを使っています。
こちらはもう在庫がわずかしか無いようです。

WEB内覧会「子ども部屋」

玄関入って左には、子ども部屋があります。

子ども部屋

左に見えている掃き出し窓はとても便利
この部分は1階だけ少し内側に入っているので、窓の外は屋根付きの土間です。
その土間の前にカーポートがあるので、雨の日でもここから車に荷物の積み卸しが濡れずにできます

玄関のステンドグラスを、反対側の子ども部屋から見ると。。。

DSC_0182.jpg

コチラ側が正面です。
玄関とどちらを正面にするか迷ったんですが、子ども部屋は遠い将来、リビングになるので子ども部屋側を正面にしました。(過去記事参照→変身する間取り

このステンドグラスは開けることも閉めることもできます。
蓄熱暖房機の暖気を入れたり、風を通したりできます。

大きくない家では、ドア開閉スペース不要の引き戸や引き込み戸の方が便利(レールの掃除に苦闘していますが)なので、タント家には開き戸はほとんどありません。
イタリア製の赤いドアと階段下収納のドアを除くと、最初の写真に写っているドアが唯一の普通の開き戸です。
なのでちょっと贅沢にこんなオプションを付けました

fc2blog_20120510074008114.jpg

見た目はこれ一色しか無いので、残念な感じになっていますが
コイツはなかなか凄い奴なんですよ。
ソフトモーションです。
よくキッチンや食器棚がゆっくり閉まるアレですね
子どもがバタンと閉めても、静かにゆっくり閉まります
ちなみにLIXILのドアは、引き戸と引き込み戸はソフトモーションが標準装備だと思います。
タント家では、喧嘩をしてもドアをがっしゃんと閉めることはできません(笑)

最初の写真で、右奥に見える壁が飛び出ている部分は収納ではなく、壁と引き戸です。
将来子ども部屋を間仕切りするため、ドアが2つ必要なので。
こちらはステンドグラスの窓が無いため、ドアを閉めたままでも光と風を入れられるドアを使っています。

子ども部屋の真ん中には、壁にコルクが入っています。

fc2blog_20120510073926cd9.jpg

将来の子どもの人数に応じて、間仕切りをする位置をコルクの右または左に変えたいためです。
内山さんが、梁との関係でどちらで区切ってもおかしくならないように入れると言っていました。

カーテンは色違いで同じ柄。

fc2blog_20120510073946857.jpg

このブログのメインカラーである、パステルピンク&グリーンです

fc2blog_201205100739371de.jpg

レースカーテンも、ピンクとグリーンの色違いで揃えています。
タッセルはうさちゃん
かわいい

fc2blog_20120510074040149.jpg

東側の小窓はピンクのロールスクリーンです。

fc2blog_20120510073957fa3.jpg

滑り台の下には、アパートから持ってきたカーペットを暫定的に敷いています。
これ、迷っているんですよね〜
無垢のパインの床なので、滑り台の下に何も無しでは傷付くのは間違いないし。。。
でも日焼けでカーペットのところだけ色変わっちゃうし。。。
う〜ん。。どうしようかなぁ。。

無垢のパインはすぐ傷付くから気を使いますが
柔らかい雰囲気でとても良いんですよ〜
娘もよく床に転がって味わっています。

fc2blog_201205100741059e0.jpg

写真ではなかなか伝わらないんですけどね(笑)
素足で歩くと、なんとも気持ち良いです
もともと無垢に興味が無く、フローリングにしようと思っていたのですが。。
しあわせ家さんのお家は無垢のお家がほとんどで、見学しているうちにすっかり無垢の魅力にやられました

子ども部屋の照明はやっぱりシーリングライト
でも普通の丸ではなくて、ちょっとだけ変わった物を探して施主支給しました。

fc2blog_20120510074049157.jpg

WEB内覧会「浴室&脱衣室」

WEB内覧会、今日は浴室&脱衣室です
いたって普通なので、内覧会するほどのことも無いのですが(笑)

風呂

ドーム天井なので滴も垂れないし、浴槽につかって上を見た時の広々した開放感が抜群です

浴槽の形はこのタイプのものを選びました。

fc2blog_20120514000224463.jpg

「浴槽につかる時にも洗い場で洗う時にもゆったり広くなるように」
ということで、こうした曲線形状になっています

西側の窓ですが、大きめにとっているので明るいです

fc2blog_20120514000301ed3.jpg

お風呂に夜入る分には明るさは関係ありませんが(笑)
しっかりしたルーバーが付いているので、外から見えることはなく、安心です

fc2blog_20120514000312115.jpg

内山さんはしっかりルーバーをつけた設計をするので、同じルーバーが1階トイレと脱衣室にも付いています。

壁は全面、こんな模様。

fc2blog_20120514000237573.jpg

全体がほんのりピンクに見え、優しい雰囲気です

ヤマハさんらしく、こんな物も付いています。

fc2blog_20120514000247d76.jpg

スピーカー
標準で付いてきます。

しあわせ家さんではお風呂もヤマハさんを選ぶ方が多いですが、このスピーカーを使っていない方も多いのではないでしょうか?
でもコレ、なかなか良いですよ

ノラ・ジョーンズなんかを流した日には、非常に癒されるバスタイムとなります
小さいお子さんがいれば、アンパンマン等を流せば楽しくお風呂に入れるのではないでしょうか?
タント娘は必ず「きゃりーぽんぽん(きゃりーぱみゅぱみゅ)きくぅ〜」って言いますが(笑)

「でもiPodとか持ってないし」とか思った方
大丈夫です、イヤフォンを差して聞ける機器なら何でも繋げられると思いますよ、恐らく。

fc2blog_20120514000712b13.jpg

脱衣室のコレにイヤフォン端子で差すだけです
ぜひ使ってみてくださいね

さて、壁も天井も白が大半を占めるタント家ですが。
脱衣室は壁に少し色と模様があります。
少し引いて見ると。。

fc2blog_20120514000627687.jpg

さらに一面だけ完全に模様が入ったクロスにしています。
吸湿効果のあるクロスです。

fc2blog_20120514000645de6.jpg

ここにホスクリーンを設置。
タオルを干したりしています。

fc2blog_201205140006148a8.jpg

このホスクリーン、結構グラグラ揺れるものなのですね。
最初は取りあえずアパートで使っていた突っ張り棒をホスクリーンで使っていたんですが、グラグラと安定しなくて使い難かったです
ホスクリーンに使う竿はある程度しっかりした太さが必要だと思います。

しか〜し
脱衣室程度の狭い空間で使える太い竿って、なかなか見つかりませんでした
この辺のホームセンターの筆頭「綿半」でも、ネットでも長すぎてしまって、短くて安い物が売っていない

やっと見つけたのはニトリでした。
短くてしっかりしていて、ホスクリーンにオススメです

脱衣室には洗面台も洗濯機も無いので、広々しています。
そこにカウンター棚を置いて、シャンプーのストック等の収納棚&着替えなどを置くカウンターとして大活躍しています。
このカウンター棚、アパートでは食品庫として使っていたのは内緒です(笑)

fc2blog_2012051400060107d.jpg

将来的には洗濯機をこの脱衣室内に置くことになるので、その時には狭くなってしまいます。
開き戸は開くスペースが必要となるので、狭い空間では引き戸にしたいのですが。。。

fc2blog_201205140007259c3.jpg

左がトイレの引き戸。
右が浴室の引き戸。
そこで脱衣室の入口は引き込み戸になりました。
トイレと浴室の間の壁内に引き込めます。

内山さんはこういう狭い空間の設計が上手いので、使い勝手が良いです

WEB内覧会「寝室」

WEB内覧会、1階最後の1部屋。
寝室へどうぞ〜

寝室1

掃き出し窓の方から見ると。。

寝室02

枕の上の窓の大きさが全然違いますね。
恒例となりました一眼レフマジックです(笑)

本当の大きさはこんなもの。

fc2blog_20120514001450a44.jpg

現在はロールスクリーンが入っています。
ちなみに掃き出し窓は普通のカーテン。

fc2blog_20120514001441c4a.jpg

ベッドは見学会用に入れたしあわせ家さんのもので、現在は寝室で寝ていないので衣装部屋になっています。

照明はダウンライトが4灯。

fc2blog_20120514001514604.jpg

白熱、蛍光、LEDの何でも対応できるものを選んでいます。
今のところ2灯が蛍光球で、2灯は手持ちのLED電球に交換してありますが、見た目では違いがわからないくらい自然です

床は無垢のソノケリン。

fc2blog_20120514001506a6e.jpg

家全体のメインの床材の色を濃くするか薄くするか迷ったものですが。。。
ソノケリンは寝室だけにして、大半をカバやパインの薄い色にしてホント〜〜〜に良かった
ソノケリンはかっこいい床材ですが、服から落ちた糸くずとか、ちょっとしたゴミが目立ち過ぎます
そのかわり髪の毛は目立ちませんが、カバとパインとソノケリンをそれぞれ毎日掃除しているのに、明らかにソノケリンだけが掃除していないように見えます

寝室の壁は、一面だけアクセントクロスにしました。
ちょっと光っていて質感が良いクロスです。

fc2blog_201205140014582c1.jpg

収納の枠も濃いブラウンですが、扉の色を白にしました。
ここも濃いブラウンだと、雰囲気がダーク過ぎてしまうので。

fc2blog_201205140009084fd.jpg

北側の収納はごく普通の収納ですが、扉は少しこだわりが。
タント家のこだわりではなく、設計の内山さんのこだわり(笑)
狭い寝室なので、開閉スペースを必要とする折れ戸等ではなく、三枚の連動した引き戸になっています。
なかなか素人は完成後の使い勝手を前もって想像できませんが、内山さんはそういうことに気を配って提案してくれるのでありがたいです
開閉スペース不要なうえ、三枚戸で開口が広くなるので、素晴らしく使い勝手が良いですよ〜
連動しているので、襖のように隙間ができないように見ながら閉める必要もありません。

東側の収納も北側と同じ扉ですが、中が違います。

fc2blog_20120514000922f40.jpg

ちと恥ずかしいですが、中も見せてしまうとこんな感じ

fc2blog_20120513234859649.jpg

この時に教わってきた服屋さん風収納です→整理収納講座

これもイイです
タントは衣装ケースの中でしばらく湿気を吸った服を着ると、アレルギーでくしゃみが出るので
衣替えの度に全部洗い直していました
これならそんなことをしなくても大丈夫でしょう
タンスや衣装ケースに比べて、着たい服を探すのもラクチンです

ちなみに私が2階家事室でたたむと、こんな流れでタントがこの棚に運んでいきます。(過去記事参照→お風呂&洗濯動線

寝室入口の赤いドアはイタリア製です。

4.jpg

さてさて、このドアの・・・

fc2blog_20120514213213277.jpgfc2blog_20120514213201087.jpg

これってどう見ても鍵で、ノブの下の鍵穴に差して解錠施錠するように見えますよね?

実はちょっと違うのです
このドア、戸を閉めた際に戸から磁石が飛び出して、枠にくっつくような構造なのですが。
磁石が強力過ぎるのか何なのか。。。
ノブを回しても磁石が戻らなくなることがあるようです
その磁石を戻すために鍵を差して回します。
つまり鍵の開閉用ではなく、ドアが誤作動した時にこじあけるための物(笑)
さすがイタリアクオリティ(過去記事参照→タントの由来

今のところドアが開かないことはありませんが、確かにノブが重くなることはあります。
ドアストッパーも付いていないし、使い勝手はLIXIL等のドアの方が良いでしょうが、イタリアらしく、質感が素晴らしく、美しいドアです

ただ
この鍵は1つしかないのですが、それじゃダメじゃない
ドアが開かなくなるなら、寝室の中にも外にも無いとさぁ
寝室に閉じ込められるのと、寝室に入ることができないのと、どっちを選ぶべきでしょうか?(笑)

最後にもう1つ。
寝室にはさらに隠し収納があるのです
この赤いドアを開けて寝室に入って。。。

fc2blog_20120513235809add.jpg

左を見ると。。。

fc2blog_20120513235821429.jpg

何も見えませんが。。。

このドアの陰にはこんなスペースがあるのです

fc2blog_20120513235833935.jpg

ここには突っ張り棒を付け、棚を置きます。
ちょっと着たけどまだ洗うほどではないもの等、クローゼットに入れたくないものを風通ししておくためのスペースです
慌てて着替えて出かけていく時も、部屋着を置いておいたりできます
お客さんが誤って寝室のドアを開けても、脱ぎっぱなしの服等が見えません(笑)

WEB内覧会「廊下&階段」

子ども部屋のWEB内覧会で、カーペットのご意見をいただいて
カーペットを撤去して、滑り台の下にフェルトを貼ってみました。
日焼けの問題は無くなって傷も大丈夫そうで、雰囲気も良くなりました
ありがとうございます
内覧会をご覧になって、何かお気づきの点がありましたらご意見くださいね〜

今日は廊下&階段です。

階段2

玄関から廊下を歩いてくると、階段があります。
タント家、基本的には白いクロスとナチュラルの木の色で構成されています。
クロスはシンプルですが、消臭・抗菌・防火等の機能の多い物を選んでいます。
床材は大半がカバ桜の無垢材。
少し前までは子ども部屋とダイニングのパインがあたたかみがあって良かったのですが、最近あたたかくなってくるとカバのサラッとした感じが気持ち良いです
階段も種類はわかりませんが無垢材だそうで、寒い日はカバよりあたたかい足触りです。

写真真ん中辺りに少し見えるのは蓄熱暖房機
正面から見るとこんな感じ。

fc2blog_201205210034144d8.jpg

蓄熱暖房機の上のスペースを無駄にせず、好きなサッカーの飾り棚にしています。
タント家の結婚式の際に、マツ(松田直樹)とボンバー(中澤佑二)がサインしてくれたユニフォームを飾っています。

棚の中でLED照明が照らすようになっているのは、内山さんのこだわりです(笑)

棚にはサッカーのピッチ状のマットを敷き、ボールとフィギアも飾っています

fc2blog_201205210034272af.jpg

マツとボンバーのサインは、わかりづらいですが下の写真は少し見えるかな?

fc2blog_20120521003749b68.jpg

お腹の辺にサインしてくれてあります。

家の引き渡しの際に、長野が誇る10番「鹿田さん」にサインしてもらったボールもあります。

fc2blog_20120521003601772.jpg

一緒に写っているのがエポック社のフィギア。

fc2blog_201205210034527a1.jpg

コリンシアン等と比べてかなり精巧にできているので、サッカー好きな方は誰のフィギアかわかるのではないでしょうか

fc2blog_2012052100343931d.jpg

飾り棚の左の扉を開けると収納になっていて、そこにもフィギアがワラワラと(笑)

fc2blog_20120521003821bd6.jpg

タントの実家には、この何倍も置いてきてあります

話が逸れてきましたが
階段を上って踊り場で折り返すと、キッチンやリビングが見えてきます。

階段3

2階トイレとの境の壁には黄色いガラスブロックを3つ。

fc2blog_20120521003348649.jpg

夜はこんな感じです。

fc2blog_201205210023202bc.jpg

なかなか綺麗で、トイレの電気の消し忘れにも気づきます
色付きなので、トイレの中が見えるようなこともありません。

fc2blog_2012052100242150d.jpg

2階リビングなので、階段は上りやすさを重視しました
階段の幅を広くし、踊り場もこんな感じに。

fc2blog_201205212257407b5.jpg

三角になる部分を無くし、危険を少なくしています。
引っ越しで荷物を運ぶときも、広い踊り場で仕切り直す事ができて便利でした
おかげで階段の占めるスペースが大きくて、間取りは大変でしたが、2階リビングでは階段が大変重要なので

階段を上りきると、ドアがあります。

fc2blog_20120521003334618.jpg

ドアの上方に、回すと開閉できるタイプの鍵を付けました
こちら側にもリビング側にも両方に付いています。

fc2blog_20120521225749.jpg

高い位置に両側から鍵を付けることで、
「大人は自由に通れるけど子どもは通れない」
になっています。
小さな子どもが階段から落ちるのを防止するためです

照明はコレ。(過去記事参照→魔方陣

fc2blog_201205210024577ef.jpg

後ろを振り返って見ると。

階段4

この階段を上りきったリビング前のドアのところに、スイッチニッチです。
エコキュートのモニター、インターフォンモニター、玄関電子錠の解錠スイッチがあります。

fc2blog_20120521003234324.jpg

現在はフックを付けて、鍵等がかけられるようにしてあります。

fc2blog_20120521003257eb5.jpg

次の内覧会は、いよいよタント家の中心である2階をご覧いただきます

fc2blog_20120521003926de4.jpg

2階から階段を見るとこんな感じで〜す。

階段5

WEB内覧会「リビング」

WEB内覧会、今日は2階リビングです

カーテン、時計、シーリングファンの入る前の写真からご覧ください

リビング1

右に写っている小窓は、ガラスにプリントしたオブジェを飾るためのものです

fc2blog_20120524173132a5b.jpg

この小窓の方からリビングを見ると

リビング2

右奥まで行って、振り返って見ると

リビング3

和室の襖を閉めると

リビング5

この襖の方から見ると

リビング4

キッチン前にはカウンターをL字型に造作してもらいました。

7.jpg

このキッチン側の方で朝ご飯を食べて、窓側の方はパソコンスペースと将来子どもの勉強机にする予定です

L字の折れる部分はデッドペースになりがちなので、カウンターの下に造作棚をつくってもらいました。

fc2blog_201205220058440dc.jpg

筆記用具等がカウンターに出しっぱなしにならずに収納できるので便利です

リビングの蓄熱式暖房機の上はDVD等を収納する棚を、少し特殊に造作してもらいました。(過去記事参照→エアコン取り付け位置

fc2blog_20120522005852a19.jpg

カーテンはアクセントに、少し濃いものを選びました。
見学会の朝にはアルティ・エ・メスティエリ(過去記事参照→リビングの時計)も付いていました

fc2blog_201205220104553fb.jpg

見学会には間に合わなかったシーリングファンも付きました

fc2blog_2012052200583244f.jpg

シーリングファンはタントの憧れ
梁を豪快に出した勾配天井でシーリングファンを回すのは、1階リビングでは大きな吹き抜けがないとできないことなので、2階リビングならではですね

fc2blog_20120522010545566.jpg

リビング正面の、テレビ台を置くところの壁はエコカラットです。

fc2blog_20120522010420640.jpg

エコカラットをこの照明で照らして、陰影を出します(過去記事参照→リビングのスポットライト

リビング6

4灯あるので時計も照らしていますが、影が良い味を出しています

fc2blog_20120522005824d88.jpg

WEB内覧会「キッチン」

WEB内覧会再開
今日は2階リビングと続くキッチンです。

あっ、そうそう
今さら言うのもなんですが、WEB内覧会で使っているプロ撮影の写真
お馴染みとなった奥行きがある写真ですが、プロ撮影の物だけはクリックすると拡大して見られます
もしよかったら、キッチンだけに限らずクリックしてみてくださいね
拡大して見ると、だいぶ雰囲気が違います

9.jpg

キッチンは、お風呂と同じくYAMAHAです。
いろいろシリーズがあるようですが、一般的なのはベリーとBbですかね。

感覚的にはベリーがフルオーダーなら、Bbはセミオーダーって感じでしょうか。
ちょっぴり選択肢に制限がありますが、タント家はBbにして節約したおかげで、予算内で念願の食洗機をセットすることができました

キッチンも、いろいろなメーカーを見て回りましたが・・・
タント嫁、アパートの傷だらけのステンレスシンクが嫌だったので、シンクは人大がいいかなーって思っていました。
その中でも、YAMAHAの人大はカウンターを一枚板の人大で作っているとどこかで聞いて、デザインだけではなく、しっかりしてそうで良かったので決めました
(ショウルームのお姉さん達も、感じが良くて好きだったし

広々としたワークトップで、料理がはかどります。
いつも、アパートでは「作っても、置く所ないじゃん
とイライラしまくってましたが、そんなこともなくなり快適です

他は、「食洗機とIHついてればいいやー。」となり、ソフトモーション(扉がゆっくり閉まるやつ)はつけましたが、ほぼ機能面ではシンプルなモノをチョイスしました。
なので、水洗は普通のタイプ(笑)

0.jpg

伸びてくれたりシャワーになったりしませんが、割り切って採用。
カウンターのタイルが結構派手なので、水洗のデザインはシンプルで邪魔しない感じでかえってよかったかなーって感じです

タイルのカウンターですが、ここがタント家のこだわりポイントの一つ
料理が苦手なタント嫁が楽しく料理ができるために、タントが提案してくれたんです

MG_9612.jpg

しあわせ家さん、ほとんどのお宅は木のカウンターですが、でも、うちはど~~してもタイルが貼りたくなってしまいました
タイルシートに貼られたままの目地の間隔でできると楽なのですが、そのままでは美しくないということで、タイル屋さんが一枚一枚手貼りして綺麗に施工してくれたんです

カウンターの高さが低いと、水が飛んでカビが発生したりするといけないので・・・
タイルの目地に水はね防止の為、カウンターの高さは結構上げてあります
そのおかげで、階段登って正面がキッチンなんですが、カウンターが目隠しになり手元がほとんど見えません
なので、タント嫁も毎日この要塞の中で落ち着いて料理ができています(笑)

このタイル、グリーンがよく映えるんですよね
写真は見学会用のフェイクグリーンですが、ハーブでも育ててみようかな~

MG_9615.jpg

キッチン奥のドアは勝手口のようですが、2階なのでバルコニーに出るドア。

fc2blog_20120530071841310.jpg

重厚でガッチリしたドアです
こんな感じに、上下に窓を開けて網戸にできます。

fc2blog_20120530071831df0.jpg

さらに、横にスライドできる引き戸になっています。
バルコニー側から見るとこんな感じ

fc2blog_201205300718512ce.jpg

ベランダが広くないので、開き戸だと戸が邪魔になって右か左かどちらかにしか出られませんが、この引き戸はとても使い勝手が良い
内山さんのこだわりです

バルコニーの一角に生ゴミ処理機や、缶と瓶のゴミ箱を設置しています。
(過去記事参照→コンポスト

急遽ベランダに生ゴミ処理機を置くことにしたので、壁が全部できた後にベランダにコンセントが必要になってしまいました
が、菅沼さんと電気屋さんで、換気扇の穴を上手く利用して見事に配線を出さずにコンセント設置してくれました

気になる生ゴミ処理機の臭いはというと・・・
念のため外に置いていますが、室内に設置しても大丈夫なものなので、蓋が閉まっていれば外に臭いが漏れることはないです。
運転中にバルコニーに出れば多少あると思いますが、バルコニー側の窓を開けているだけなら家の中は全く臭いが来ません
これのお陰で、かなりごみが削減されています

カップボードは希望のカタチがなかったのでYAMAHAのものではありませんが、使い勝手は良好です。

fc2blog_20120530071808976.jpg

ただ・・・収納が足りていないです
今まで使っていたカウンター収納(現在は脱衣所で使用)プラス食器棚が、思いの他大容量だったようで・・・
食器が収まりきっていません
現在は一時的にダイニングの収納にしまってあります。
もうちょっと上手く収納できないかな~?といつも思っています。。。

食器棚中段にある窓は、大工さんにカップボードをくり抜いて付けてもらいました。
裏の家事室と繋がっています。
タント家、またまたこだわりポイントの一つです
何のために存在するのかは、家事室のWEB内覧会時に

fc2blog_20120530071818307.jpg

このチェッカーガラスの可愛い感じが気に入っています

キッチンカウンターの照明もお気に入り
(過去記事参照→キッチンカウンター照明

fc2blog_201205300719242fc.jpg

ただ、天井付けの蛍光灯もリビングの蛍光灯もとっても明るいので、カウンター照明を点ける必要が無い
インテリアと化しています(苦笑)

8.jpg

でも、蛍光灯を消して電球色の照明だけ点けると、いい雰囲気になるんですよ〜

iphone_20120313011620.jpg

たまにはこうした雰囲気に酔いしれることができるのも、良いものです

WEB内覧会「ダイニング」

のんびり開催中のWEB内覧会
WEB内覧会の記事を書くのはなかなか大変ですね
あともう少しなので、これからはちょっとペースを上げて行きますよ〜
今日はダイニングです。

fc2blog_20120602141818d47.jpg

リビングからキッチンの横を通り、突き当りの正面の壁には、タントの叔母が描いてくれたイタリアの風景画が飾ってあります

fc2blog_20120602161447253.jpg

私達が新婚旅行で実際に行って見て写真を撮ってきた風景をそのまま絵にしてもらいました。

DAI1.jpg

ダイニングは、パインの床にパインのダイニングセットです。
やわらかく、ナチュラルな雰囲気になっています。
このダイニングは4.1畳と狭いんですが、天井を勾配にしてもらったおかげで圧迫感がありません
狭い空間で天井が高いと落ち着かないと聞いたことがあったので、勾配にするか普通の天井にするか最後まで迷いましたが・・・
ダイニングは勾配にして本当に良かったです
内山さんが「とりあえず勾配でつくっていって、現場で勾配の様子を見ながら天井を貼りたくなった時点で天井を貼ればいいですよ」と言ってくださったので助かりました

照明はタント家の中では屈指の高い照明。
雰囲気は最高ですが、ちょっと暑いかも?
これからの季節、どうなるか様子見です。

DAI3.jpg

上の写真右手前にある建具は、設計初期に内山さんと「秘密の部屋」として相談してきたものです(笑)
急な来客が来た際、散らかったリビングの物を急いで放り込んでおける、綺麗にしなくていい小部屋として考えていました。

でも間取りの関係でリビングと隣接させるのは難しく、ダイニングに移動。
当初の目的としてはあまり使い勝手の良い位置ではなくなったのですが、意外とリビングもさほど散らからないので、秘密の部屋は不要となっています。
現在は普通の収納として使っているのですが、秘密の部屋時代の名残で結構広い収納なので、いろいろ入ってかなり便利

fc2blog_2012060214182802e.jpg

その隣にある壁と一体化している収納が、階段上を使ったダイニング収納。
(過去記事参照→収納術
キッチンに収まりきらなかったものを一時的に入れてあります。

現在はカーテンも入っています。

fc2blog_2012060214231442e.jpg

ダイニングのカーテンは、薄いグリーンで選んでいます。
レースはとっても良い感じですが、厚手はイメージとちょっと違ったかな〜
まぁ買い替える予算は無いので、そのまま使いますけどね。

西側の窓は、高い所にあって外から部屋の中が見えないので、カーテンはつけなくてもよいのですが・・・
西日対策にカフェカーテンを

fc2blog_201206021424313ad.jpg

結構長くてはみだしています
ブラインドならぴったりと納まったんですが、お手入れとお値段でカフェカーテンにしました。

fc2blog_20120602142343abb.jpg

家事室用に買った時計は、ダイニング用になりました。
(過去記事参照→家事室の時計

fc2blog_20120602142450b0e.jpg

家事室用のはずが、ダイニングと雰囲気があったので強奪されました(笑)

時計の下には小さなテレビを置く予定だったんですが。。。
復興支援・住宅エコポイントでエコ商品のテレビと交換するつもりが、復興支援商品としか交換できず、テレビは無理な事が昨日発覚
となると、テレビは置かないかもな〜

ダイニング、本当はオーソドックスにキッチンの横に置きたかったんです。
ただキッチンカウンターやいろいろな絡みで置くことができず、やや独立式のダイニングに。
でも落ち着いて食事ができる贅沢空間になって、かえって良かったかも
将来、部屋として独立させることもできるし。
(過去記事参照→変身する間取り

おとといは庭の草取りをしたのですが、その後、タントはダイニングのベンチに寝そべってお昼寝をしていました
ダイニングは風通しが良くやわらかい雰囲気なので、爽やかで心地良いです

fc2blog_20120602142412728.jpg

WEB内覧会「家事室」

WEB内覧会、今日はキッチン裏の家事室
ちょっと気取って言うとランドリールームです(笑)

fc2blog_2012060507533028c.jpg

このドアが家事室の入口ですが、普段はだいたい開け放っています。
ドアを開けると。。。

KAJI1.jpg

壁が茶色い部分はコルクボードです。
カレンダーや、ゆくゆくは娘の行事予定などを貼る予定
定番の冷蔵庫に貼ると、リビングから丸見えなので(笑)

KAJI2.jpg

バルコニーの方から見ると、こんな感じ。
イタリアの絵の壁の裏側が洗濯機スペースで、ピッタリ収まるのでスッキリです

現在の様子は。。。

fc2blog_20120602141938799.jpg

バスケットとアイリスオーヤマのカラフルなカラーボックスが、色違いで並んでいます。
本当はシンプルでナチュラルな空間にしたかったんですが、タントの好みでカラフルになりました(笑)

fc2blog_20120602141849c44.jpg

このカラーボックスとバスケットの使い方は過去記事参照→お風呂&洗濯動線

こんな感じで家族みんなが毎日必ず入る部屋なので、この部屋に先程のコルクボードを貼ることにしました。

お風呂は1階なので、残り湯で洗濯などはできませんが・・・
干すことを優先したので、まあそれはそれでいいかなぁと。。
お風呂の残り湯を吸うホースって、洗濯機周りを汚す原因にもなるし

ダイニングの窓を開けておくと、晴れた日にはそちらから強風が入ってくるので、風通しも良いです

洗濯物は、全員が入浴し終わった後、ラタンのカゴに入れて家事室に持ってきます。
結構大きなカゴですが、よくタントが運んできてくれます。

今のところは、夜11時過ぎたら洗濯して部屋干しして寝てます。
結構空気が乾燥するので、加湿のためというのが1つの理由。
もう1つの理由はオール電化+太陽光発電の売電のためです。
オール電化は朝7時までが深夜電力で安いのですが、朝の6時くらいともなれば、既に太陽光発電が発電しているんですよね
発電した電力を使ってしまったら安い深夜電力の恩恵が無いし、発電した電力は売った方がなので。
シーツなどの大物を除き、ほぼ夜洗濯派です。
戸をあけておけば2階全てワンフロアーみたいな家なので、部屋干しの嫌な臭いもありません

天井には縦方向に2列でホスクリーンが設置してあります。
間にもう一本設置できるようになっているので、横方向にすれば3列にすることもできます。

fc2blog_20120602141840fd7.jpg

西側の、横に長い窓はダイニングと同じカフェカーテンを。
南側の掃き出し窓にはこんなカーテンです。

fc2blog_20120606063846498.jpg

壁も天井も白が大半のタント家で、この部屋だけ唯一、天井に模様が入っています。

20120606063857969.jpg

カーテンとお揃いのように見えますね
実は内山さんもお気に入りな可愛い壁紙(笑)
カラフルな部屋となりました

家事室の机は、ミシンやアイロン掛けのために買った机です

fc2blog_2012060214194921b.jpg

洗濯物をたたむ時や布団を干す時なども便利
異様に安かったのですが、しっかりしていて、キーボードスライダーもあって良い商品です


キッチンと繋がっているチェッカーガラスの窓は、飾りでもありますが、どうしても孤立して家事をしたくなくて付けてもらいました。

fc2blog_20120602142001adf.jpg

座って窓から見える眺め。

fc2blog_20120602144437ee5.jpg

リビングで遊ぶ娘の気配を感じられるので良いです
座らずにかがんだ状態だと、リビングのテレビも見ることができます

まだ本格的に巣籠ったことはありませんが・・・
タント嫁専用、究極の巣籠り部屋です。

WEB内覧会「和室」

WEB内覧会、今日は和室です
和室はボリューム多めでとリクエストをいただいていたので、写真多めでいきます。
長らくお待たせいたしました

リビングの時計の下あたりから和室を見るとこんな感じです。

WA1.jpg

照明はダウンライト4灯。
天井はしあわせ家さんの和室ではお馴染みのコレです

fc2blog_20120531074110924.jpg

初めてしあわせ家さんの見学会で見た時からお気に入り
でも完成後に気づいたのですが、タントの実家玄関もこの天井だったのです
まさか築40年近い実家に使われているとは、夢にも思いませんでした
毎日見ていたはずのタントは、全く気づかなかったって言っていました(笑)

最近の和室の襖は無地の物が多いようですが、タント家はリビング側は無地なものの、和室はこんな模様を入れています。

fc2blog_2012060807442164b.jpg

金粉付きなので、娘の顔がよく輝いていたりします(笑)

和室の奥からリビングの方を見るとこんな感じです。

WA2.jpg

リビングと和室を仕切る襖は4枚なのですが、もちろんこんな風に右に寄せることもできますし、左に寄せることもできます。
4枚にした分、寄せた時に省スペースで済むのですが、それでも四畳半の小さな和室なので、来客時などにリビングと繋げてなるべく開放的に使いたい。
でも、夜、娘を和室に寝かせた後にリビングで生活するためには襖を完全に無しにしてしまうわけにもいかない。
お客様に使っていただくとしても、襖は必須だし。
そんなタント家の要望を、内山さんが形にしてくれたのがコチラ

fc2blog_20120608074429161.jpg

押し入れの中の端に溝をつくり、襖を収納することができます
襖を4枚にしたことで、こんな感じに押し入れに収めることができるようになりました。

fc2blog_20120608074436d53.jpg

この写真左に見える障子部分ですが。

fc2blog_20120531073927207.jpg

縦に動かして開閉できます。

fc2blog_20120531073935834.jpg

これ、実は収納等ではなく、室内窓的な役割なのです。
玄関のWEB内覧会時に触れた、小さな吹き抜けと和室を仕切っています。
開閉できるようにしたのは、冷暖房効率を考慮してのことです。

障子を開けて下を覗くと

fc2blog_2012053107422634b.jpg

玄関ホールが見えます。

この吹き抜けをつくった理由は2つあります。

まず1つが、玄関の気配を感じるため。
家族のただいまの声が、2階リビングでも聞こえるように
また、2階リビングの弱点である、1階の防犯的な意味合いもあります。
玄関が開くと、2階リビングでもハッキリわかるので、タントが帰宅すると娘は駆けだしてお出迎えに行きます

2つ目の理由は、2階洗面のWEB内覧会時に書きます。
ベタな理由なので、想像がつくかと思いますが(笑)

ここまでの写真で、和室中央にある机はしあわせ家さんの見学会用の机です。
現在は無垢ヤマザクラのちゃぶ台を使っています

fc2blog_20120528225713128.jpg

家具職人さんが一つ一つ手づくりしてくれるものなので、子どもが小さい事を考慮して、角を落とした丸みを帯びたつくりにしてもらいました
触り心地も最高で良いちゃぶ台なので、リビングに持っていって座卓スタイルにしようかと思うくらいなのですが、今まで考えてきたリビング計画が根底からくつがえるので和室に居座ってもらいます(笑)

fc2blog_20120528225553a2f.jpg

一箇所だけ皮付き加工で、こんな形になっています。
味もあるし、壁に寄せる時も便利で良いです

fc2blog_20120528225700935.jpg

畳の縁はピンクのお花柄

窓は北側の景色が良いので大きな窓にして、東側に縦スリットが2つです。

fc2blog_201205282256121ae.jpg

この縦スリット、娘のお尻がすっぽり入るサイズなので、よく座っています(笑)
お友達が来ると、隣に座らせて並んで座っていたりして可愛いです

fc2blog_20120528225630725.jpg

この縦スリットにはロールスクリーン。
大きな窓にはプリーツスクリーンのダブルです。

fc2blog_2012053006280023c.jpg

プリーツスクリーンはロールカーテンのように上げ下げできるものですが。。。

fc2blog_20120528225205ab3.jpg

ダブルだとこんなこともできます。

fc2blog_20120528225350499.jpg

うちの場合は、ピンクの部分と白の部分の割合を自由に変えることができます。

プリーツスクリーンの窓の前には、無垢天然木のカウンターをノタ付きで製作してもらいました。

iphone_20120319014103.jpg

この窓は景色が開けていて緑が良く見えるので、カウンターに座ってお茶を飲んだりパソコンしたりできるようにしました。
タントのイメージとしては、スーパー銭湯や温泉付ホテルによくある、湯上がりの畳室でビールを飲める窓向きのカウンターだそうです

壁は全面塗り壁で、1階トイレと同じ霧島壁の塗り壁です。

fc2blog_20120531074122a24.jpg

ただ、トイレよりも塗りパターンを薄めに、凹凸を控え目にしてもらいました。

fc2blog_201205310740558c8.jpg

塗り壁は、娘も良い仕事をしたんですよ〜
小さな手形

fc2blog_201205310740383aa.jpg

この手形の周りは、私とタントで塗らせてもらいました。

fc2blog_20120531074046424.jpg

当然の事ながら、プロとは雲泥の出来映えです
ただ、障子上の神棚の壁部分なので、違和感無いです。
菅沼さんも、私達がどこを塗ったのか気づきませんでした(笑)

和室は定番の茶色と緑に加え、白ベースにピンク多めです。
この「しあわせタント」ブログカラーですね。
図らずもこの色合いになったのは、好みなのでしょう

fc2blog_20120528225434976.jpg

WEB内覧会「2階トイレ&洗面」

WEB内覧会、今日は2階のトイレと洗面

写真を撮った時期がバラバラで、鏡とタオル掛けが付いていたり無かったりしますが(笑)
あまり気にせず、ご覧ください

階段へのステンドグラスドアの横が、2階洗面への入口です。

fc2blog_20120610211913e71.jpg

引き戸を開けると隠れる壁に、チェッカーガラスを入れてもらっています。

fc2blog_20120610214337077.jpg

この引き戸を開けると。。。

fc2blog_201206102119226a6.jpg

トイレのドアがあります。
リビングから直にトイレは嫌だったので、このように洗面を挟みました

1階にヤマハさんの洗面を入れたので、2階は造作してもらいました。

fc2blog_201206102136242b0.jpg

洗面ボウルと水栓は施主支給しました。
(過去記事参照→洗面ボウルと水栓

MG_9619.jpg

水跳ねが嫌だったので、とにかく大きくて安い洗面ボウルを探したのですが、水栓の水が出る位置が高いので、この大きさでも水跳ねしました
最近は慣れてきて、手を洗う位置を下げると跳ねにくいことがわかったので大丈夫です

fc2blog_2012061021225800a.jpg

このマチルダの水栓は高かったですが、良いです
柔らかい水が出てきて気持ち良いし、ハンドルを回す感触もグッド

fc2blog_2012061021232275f.jpg

シルバーは水垢が目立ちますが、これはなかなか目立ってこない上に、拭けば簡単にピッカピカです

洗面の照明も施主支給で、こんなのにしました。
(過去記事参照→ウォールランプ

MG_9620.jpg

このウォールランプの上に見える木。
この木は、和室の内覧会のこの写真上方に見える木です。

fc2blog_20120531073935834.jpg

つまり和室障子の先の吹き抜けの先の壁の裏が、洗面台になっているわけです。
言葉で書くとややこしいですが、伝わりましたでしょうか?

和室の障子を開けて上を見上げると。。

fc2blog_20120531073943ab6.jpg

遙か上空に窓があります。

洗面側から見上げると。。

fc2blog_20120611063320dae.jpg

この上空の窓は、外から見るとコノです。

iphone_20120313011235-3.jpg

この間取り、普通につくるとこの洗面には日があたりません。
吹き抜けにしてこの窓を付けることで、日差しが降り注ぐ明るい洗面になりました
北側は強い日差しが無いかわりに、一日中光が差し込むので
どんな天気の日でも、夕方まで照明無しで暗くないです
・・・とゆ〜より、メチャクチャ明るい

さらに和室障子のところの2階床を吹き抜けにしたことで、玄関にも光が届きます
和室のWEB内覧会で触れた、吹き抜けをつくった2つ目の理由は、玄関を明るくするための明かり取りです。

また、1階廊下の蓄熱暖房機から、この吹き抜けを通って暖気が上がってくるので、洗面もトイレも暖かかったです。
トイレが暖かいのは良いですね
逆に1階に暖気が残るかどうかは心配ですが、蓄熱暖房機本格稼働する来冬までわかりません。

話を洗面台に戻して、鏡は枠無しのシンプルな鏡です。

fc2blog_20120610211617d10.jpg

タオル掛けは、水栓に揃えてゴールドの入ったものにしました

fc2blog_2012061021162785f.jpg

タオルを掛けるとこんな感じです。

fc2blog_20120610204231c77.jpg

このタオルの方からリビング側を見ると

fc2blog_20120610211703254.jpg

先程のチェッカーガラス、洗面側から見るとこう見えます。

fc2blog_2012061021190292b.jpg

これは何か用途があって付けたわけではなく、単に飾り
好きだからです
まぁ、夜、リビングの電気が点いていれば、洗面のウォールランプを点けなくてもなんとかなったりはしますがね(笑)

洗面台後ろの壁だけは、壁紙を変えています。

fc2blog_20120610211721f68.jpg

洗面なので、汚れに強い機能のあるものを選びました。

それでは、ようやくトイレのドアを開けます。
1階脱衣室同様、壁の内部への引き込みドアです。

WC1.jpg

はい、ピンクです(笑)
もう少し寄りますか

fc2blog_201206102041124db.jpg

壁のピンクが映り込んで全てがピンクに見えますが、トイレやペーパーホルダーは白です

トイレの照明はコレ
(過去記事参照→2階トイレの照明

MG_9621.jpg

ペーパーホルダーは1階と同じLIXILの、埋め込み収納と一体型のものを、コチラは切り離さずにそのまま使用しています。

WC3.jpg

このトイレを見た人の感想は、賛否両論わかれましたね〜
「タント家の中で一番良い」って人もいれば、「えっ。。。」って人もいて(笑)
まぁ、無難では無く、個性のとんがった物って、みんなそうですよね
ちなみに娘は大のお気に入りで、1階のトイレには入らず、「ピンクのトイレがいいの」と言います。

タント夫婦はというと、初めて見た時、揃って「やっちまった。。。」と感じました。
イメージとしては、キャナリーロウやトゥエルのような塗り壁でした。
キャナリーロウは何店舗もありますが、長野市では徳間のぶらっと横にあるイタリアンのお店です
トゥエルは小布施の超有名ジェラート屋さんで、しあわせ家さんで今週末オーナーズハウス見学会が行われるお宅のそばにあります。(このお宅、タント家は完成見学会時に2日連続で見に行ってしまったほど素敵な和のお家ですよオーナー様も、会うといつも声を掛けてくれる、とても穏やかで素敵な方です

左官屋さんは、わざわざキャナリーロウまでランチを食べに行って下見をして、本番前に試し塗りも見せてくれて、タント家の希望に応えられるようにしっかり準備をしてくれたんです。
が、狭い空間だと色がきつく見えることはわかってはいたものの、実際にトイレ全面に塗るとどうなるかって想像がイマイチできていなくて。。。
広い空間では程良くても、狭い空間ではどぎつく感じました

実は見学会後、塗り直してもらうことになったんです。
でも濃いピンクに慣れたのか愛着が湧いたのか、そうなると逆に濃いピンクが名残り惜しいような気もして
勝手なもんです

塗り直してもらって、結局こんな感じになりました。

fc2blog_20120610204147e57.jpg

入口上に、棚も付けてもらってあります。

fc2blog_20120610204352370.jpg

階段から見えたガラスブロックを、トイレ内から見るとこんな感じです。

fc2blog_20120610203916c1c.jpg

これらの写真だと実際より少し薄く見えているかもしれません。
実際はこの下の写真ぐらいの仕上がり。

fc2blog_20120610203842aa7.jpg

トイレ内で感じる印象は・・・
まさにイメージ通り
漆喰の塗り壁に、赤とオレンジの塗料を混ぜてマーブルな感じに塗っているんですが、自然に色が混じった感じがなんとも言えず綺麗です
タント家の無理難題を見事に形にしてくれて、ありがとうございました

fc2blog_20120610204017ed2.jpg

室内のWEB内覧会はこれで全部です。
最後なので、ついついボリュームアップして長くなってしまいました
次回はWEB内覧会も最終回、外観編です

WEB内覧会「外観」

長々と開催してきましたWEB内覧会も、今日が最終回。
外観です

まずは完成見学会の頃の写真からご覧ください

いつも写真を撮っていた北側道路から。

OUT4.jpg

玄関正面。

OUT3.jpg

この角度はiPhoneでは近すぎて撮れません
プロのカメラはさすがです

少し南側から。

OUT1.jpg

さらに南側から。

OUT5.jpg

現在は2台分のガレージも完成しています

fc2blog_20120611214117cdd.jpg

エアコンの室外機は、あまり目立ちません
(過去記事参照→エアコン取り付け位置

ガレージのコンクリートに、4つの点があるのが見えますでしょうか?

fc2blog_20120611214227a49.jpg

寄ってみると

fc2blog_2012061121244278b.jpg

イタリア製の赤いガラスを埋め込んでもらってあります

fc2blog_201206112124305da.jpg

もう1台の方は水色です。

fc2blog_20120611212415820.jpg

汚れてこないし、なかなか綺麗です

fc2blog_2012061121235902e.jpg

ガレージから玄関への外壁沿いに土が入っている部分には、太陽光を溜め込んで暗くなると点灯するライトを設置しました。

fc2blog_20120611212032ffa.jpg

ロウソクのような揺らぎのある灯りで雰囲気があって、意外と明るいし可愛いです

fc2blog_20120611212016a58.jpg

ティンカーベルとプーさんを1つづつ設置しています。

fc2blog_20120611212051b33.jpg

アプローチも完成しています

fc2blog_201206112130415ca.jpg

ケンクリートといって、コンクリートの表面を型紙と顔料で模様をつけたものにしました。

fc2blog_20120612195528b24.jpg

ケンクリートの間に、タマリュウを2列入れています

fc2blog_201206121955378d2.jpg

玄関のテラコッタタイルは、屋内はツルツルで屋外はザラザラしていますが、見た目には同じタイルです。
このタイル、メチャクチャ機能的なんですよ〜

雨の日にぬかるみを歩いた靴だと

fc2blog_201206112109256be.jpg

当然こうなるわけですよ。

でもこれがですね。。。

fc2blog_20120611210855628.jpg

掃除してないですよ。
なんか知らないけど、勝手に綺麗になっているんです
素晴らしいタイル

fc2blog_20120611213118d2c.jpg

茶色い外壁部分は階段部分なのですが、ここは階段下の面積を削って、エコキュートが収まっています。
(過去記事参照→収納術

fc2blog_20120611212924fa4.jpg

豪雪地帯ではエコキュートは屋内設置だし、こうして雨風防げるのは良いことですね
それで建築費も下がるのだから、内山さん、ナイスアイデアです

少し引いて見ると。。

fc2blog_2012061121294583b.jpg

エコキュートの左側に、謎の物体が
これが、玄関のWEB内覧会時に「なぜ北側の窓に大きいものをいれたのか?」の答です
屋内から見ると。。

fc2blog_201206130533525b9.jpg

上げ下げ窓の向こうに、謎の物体が透けて見えます。
窓を上げて開けると。。

fc2blog_201206130534096d1.jpg

そうです、謎の物体は小型物置です
物置は室内から開けられ。。

fc2blog_20120613053425ff4.jpg

こんな感じで、室内から簡単に入れることができます
これは、野菜や果物の収納用物置です。
今の家は断熱性が良く、家中全て暖かいので、逆に暖かくしたくない野菜や果物の置き場を考え、こういったつくりにしてもらいました
野菜を取りに行くたびに外に出るのは面倒ですが、これならものぐさな私でも苦になりません

fc2blog_20120611214356437.jpg

以上でタント家WEB内覧会は終了です
いかがでしたでしょうか?

1年前の今日、このブログがスタートしました。
1年を経て、今日、無事にWEB内覧会が最終回を迎えて。
たまたま同じ日だと、さっき気づいたのですが、感慨深いものです。

まさか1年間で、こんなにブログを書くとは思いませんでした
これもひとえに、コメントをくださったり読んでくださる皆さんのおかげです。
WEB内覧会でも毎回、誰か誰かコメントをくださって。
しあわせ家オーナーさんに会うと、ブログ読んでますって言ってもらえて。
ただただ、ひたすら感謝
これからは、ゆる〜く気楽に更新していくつもりですが、よろしくお願いします
プロフィール

タント嫁

Author:タント嫁
現在は夫のタント、2人の娘と楽しく暮らしています♪
このブログに辿り着いてくれた方、下のカテゴリからまず自己紹介を読んでいただけたらと思います☆

タント家の娘
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。