スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介

はじめまして簡単にタント一家の自己紹介です

タント
30代、印刷関係の会社に勤める会社員。
体の大きさもさることながら懐が深く人望が厚い
3人で平和な生活を送れているのは彼の力によるところが大きい。
休日は家事育児もこなすスーパーパパ。
趣味はサッカー観戦
食べること(そろそろ健康のことも考えて欲しいんですが・・・)

タント嫁
20代折り返し地点、現在は専業主婦。
気性が激しくキレやすいのでタントを尻に敷いているのではないかとよく周りから勘違いされている。
(鹿田さんはうちの権力図を一瞬で見抜いていましたが・・・)
趣味はサッカー観戦
雑貨集め(ガラクタ集めとも言いますが
そろそろママらしくお菓子作りと手芸・・・もはじめようかなぁと思い中。

タント娘
ちょっと男前な1歳児。タントの血をひいて他の子よりなんとなくマッチョ?!
下着のロンパース一枚姿がボディースーツ姿に見えてしまう
イタズラはかなり豪快だがビビリな一面もありなかなか憎めない

現在は3人で長野市内の閑静な住宅街(夏には近所のからバイオリンの音が聞こえる・・・)
の中にあるアパートに住んでいます。

家作りを考え始める前は、将来の生活になんとなく不安を感じつつも、
とりあえず不自由なく生活できていたので先のことは深く考えていませんでした
そんな3人を変えるできごとが色々あり、この度ついに憧れのマイホーム
づくりをスタートさせることとなりました

同じようにづくりをはじめる方や、について悩んでいる方達に
私たちのブログが少しでもお役に立てれば幸いです
頑張って書いていきますのでどうぞよろしくお願いします
スポンサーサイト

タントの由来

イタリア風の家を建てたいと考えているタント家。
タントは小さい頃からイタリアに憧れていたそうで、「いつか必ずイタリアに旅行に行く」と思っていたそうです。

タントの由来はイタリア旅行の一コマから。
ちなみにダイハツの車タントは一切関係なく、日産マーチに乗ってますよ

今からちょうど2年半ほど前、タント夫婦が新婚旅行でイタリアを訪れた時の話です
おいしいものをたくさん食べてこようと期待して選んだイタリア。
旅行会社のツアーで、見どころもりだくさん
しかしハードな団体スケジュール
おいしそうな屋台を見つけても、なかなか買いに行けません。
目の前をジェラート屋さんや素敵なカフェが通り過ぎていきます(ここは、がまんがまん・・・)

やっと食事になった
と思ったのですが、ツアーで決まったメニューでおかわりなんてできません
大食いの夫はかなりピンチ
食の国イタリアに行ったのに、やせ細って帰国してしまう

そんな時、ガイドさんの神の一言が
沢山食べたい人はサラダなどを盛り付けにくるウエイターさんに「タント」と言ってみてください
目の色が変わった夫もちろんタントを連発。
増量してくれるかはウェイターさんの気分次第でしたが・・・
メイン以外はボールを持ったウェイターさんが配膳にくる方式が多いので、大変助かりました

ガイドさんに日本人のイメージが「勤勉」ならイタリア人は「適当」の言葉がよく似合う国民性だと教えていただきました。
昼寝のために店を閉めたり・・・。
そんなお国柄

そんな「適当」を実感する出来事も体感してきました
デザートのホールケーキ、普通は十文字に切っていくじゃないですか。
ですがイタリアのウェイターは端からかなり適当に切り始めたんです
まるで丸焼き肉をロースしていくかのように・・・
当然ケーキは正三角形だったりかなり細かったりひとつひとつ形がバラバラ。
最後のほうは足りない予感がしたようで細すぎて途中から折れているものも(笑)

お店で買い物すると、おつりも堂々と間違ってます
びっくりでした・・・本当に適当

イタリア風の家を建てたいと言いましたが、気が変わってイタリア要素ゼロかもしれません。
まさにそれこそがイタリアクオリティー

感謝

今日この記事をアップすると、ブログを始めてから一ヶ月間、毎日アップしたことになります
(タントが書いた日もありますが

ブログを始めるにあたって2つの目標をもって立ち上げました
・せめて3日に1回はアップできるように頑張ろう。
・家が完成してからも住み心地など書いて、長生きブログにしていこう。

まだたった一ヶ月とはいえ、まさか毎日アップできるとは思いませんでした

私、文章に全く自信がありません
たいしたブログでは無いので、誰にも読まれない日もあるだろうなくらいのつもりで始めたんです。
でもコメントをいただいたり、拍手をしてくださる方がいたり、毎日たくさんの方が読みに来てくれます
それはしあわせ家さんの影響力のおかげではありますが、素直に嬉しくて感激です

たくさんの方が読んでくれることが張り合いになり、毎日楽しく書いてこれました
読んでくださって本当にありがとうございます

しあわせ家さんスタッフ

いつもタント嫁のブログを読んでくださり、ありがとうございます
最近、しあわせ家さんと関係のない方も読んでくれることが増えてきました
今まで、しあわせ家さんを知ってる前提で書いてきてしまったところがあったので・・・
よく名前が出てくるけど誰?
ってわかりにくい部分があったかと思います
そこで、今日はよく名前のあがる、しあわせ家さんのスタッフ2人をご紹介します。

鹿田さん:一般的な住宅会社で言うところの営業担当者ということになるんでしょうか。
でも営業っていうと違和感を感じるんですよね。
なんかしっくりこない。
しあわせ家さんHPにあるように、コンシェルジュですかね
設備関係のショールームや、土地のための不動産屋さん、ローンのための銀行等、ちょっと不安を感じるような時に同伴してくれたりして、心強くサポートをしてくれます
イケメンでホストのようなさりげなく細やかな気配りをしてくれる、誰からも好かれるような素敵な人です。
タントと歳も近くて、感覚的な部分もよく感じ取ってくれるので助かります。
実はサッカーJFLのAC長野パルセイロがまだ長野エルザだった頃に、何年もエースで10番を背負っていた凄い経歴の持ち主!!(過去記事参照→鹿田さん
今は長野県ではAC長野パルセイロと松本山雅FCが共にJFLで優勝争いをしていますが、当時は「エルザの10番=長野県No1の選手」を意味していました。
長野県サッカーの礎を築いた偉大な人ですね
憧れの存在であり、信頼できる友達であり、頼れる兄貴分であり、家づくり最高のサポーター。
そんな人です
ベタ褒めですね(笑)でも褒め過ぎじゃないですよ

内山さん:タント家を設計してくれる設計士さん。
前は設計事務所で働いていたそうです。
公共施設などを設計していただけあり、デザイン的センスがすごい
きっと、全てお任せするとかなりアートなお家が出来上がることでしょう。
話を聞いていて、随所にアーティスト的なこだわりを感じます。
でも一般住宅なので、そういったこだわりを押しつけるのではなく、「タント家にとってのベストは何か」を考えて柔軟に設計してくれています。
その辺のバランスを取るのが非常にうまいですね
今まで、あれこれこだわりのあるタント家の要望をまとめ上げ、タント嫁やタントの無茶ぶりも、上手く受け入れカタチにしてくれています(笑)
素人には到底思いつかない空間利用も凄いです
えぇ?ってところに収納を設計してあったりして驚かされます。
そんな、できる設計士さんですが、よく話がふくらんで脱線していってしまってお茶目なんです
言動がおもしろくて、タント嫁の笑いのツボを刺激してくれます
でも「昔、家づくりに関係無い話の中から、生活スタイルや要望を導き出して設計しろ」って教えられたって言っていたので、それも驚くべき上級設計テクニックなのかもしれませんね(笑)

ちなみに田尻さんとは、しあわせ家四代目社長さんのことです。
田尻さんのブログは、このブログと違ってとても中身の濃いブログです
長野県の方ではなくても、お家計画中の方は読むと参考になると思いますよ
奥様のミツヨさんもしあわせ家さんスタッフで、両方のブログを読むと表話裏話のような、同じことを違った視点から書いていたりしておもしろいです

しあわせ家さんのHPはコチラ しあわせ家

タント家の基本的仕様

明日はいよいよ上棟の予定日
気になる天気予報は・・・

晴れ

予定通り上棟となりそうです
タントは「木材が空を飛ぶのを一日中見る」と言って、明日丸一日休みを取る気満々で朝出勤していきました。

上棟前日ということで、今日はお家の基本的な仕様のまとめを公開しようと思います

・土地62.61坪
・建物34.44坪
・オール電化
・蓄熱暖房機1階4kw、2階5kw
・太陽光発電システム5.32kw搭載
・1階に家族玄関・寝室・子ども部屋×2・風呂・トイレ
・2階にリビング・ダイニング・キッチン・家事室・和室・トイレ

土地は北と東に交通量の少ない道路がある角地です。
徒歩圏内に桜の名所臥竜公園や、カンガルーのハッチで有名になった須坂動物園、百々川の緑地帯などがあります
とても良い環境ですが、そのかわり近くにお店はありません(笑)

南北に長い土地の北側に寄せた東西に長い建物で、東玄関になります。

大容量太陽光発電システムを搭載するために、屋根は片流れ。
電気代タダどころか、かなり売電収入があるはずです

光と影の使い方と風の抜け方は、家づくりで一番考えてきたところかもしれません。

洗濯機は2階家事室に置きます。
導線はばっちりシミュレーションしてあって、いずれブログに書くつもりです
リビングとキッチンは一体になっていますが、ダイニングは少し独立。
将来は1階にLDKを持ってきたいので、それが可能な設計になっています

ドアとかお風呂壁紙とか選ぶと「しあわせ家、初ですね」と言われるので、良く言えば個性的、悪く言えば変な感性(笑)
一般的ではないデザインになっていっているようです。
いろいろ仕掛けも盛り込んでいて
王道から外れたお家になると思います。

この写真はイタリアのフィレンツェで撮った夕焼けです。

DSCF2649.jpg

日本では見れないほど、辺り一面オレンジだったんです。
イタリアで食べたカプレーゼを日本で再現するのも不可能だと思いました。
トマトの熟し方とか、全然違ったので。

「そこでしかできないこと」ってありますよね。
我が家も、タント家でしかつくれないお家になるかな〜。
そんなお家で暮らす「自分達らしい生活」って、やっぱりしあわせですよね

スガヌマさん

以前、担当の鹿田さんや設計士内山さんのことはブログに書きましたが。
過去記事→しあわせ家さんスタッフ

着工後には更新が追いつかず、紹介できていない人がいます。
現場を仕切ってくださった重要人物・・・現場監督の菅沼さん
鹿田さんや内山さんと共に、タント家の家づくりで大活躍してくれた方です

着工してから気になるところや要望が出てくると、タントがす~ぐに「菅沼さんに電話しといて〜」を連発するので、タント嫁は毎日のように電話をかけていました
担当している現場はうちだけではないのに・・・ホント、すみません

電話して、完了報告が特になかったけどどうなったかな~?と後日現場に行くと、既にできている
とても仕事が早いんです
とりあえず菅沼さんに伝えておけば、いつの間にか希望通りになっているので。
大変ありがたかったです

しかしそんな菅沼さんに対しては何だか素っ気ない態度を取ることの多い娘
菅沼さんは娘にもいつもニコニコ話しかけてくれるのですけどね。。。
現場監督なので、鹿田さんや内山さんより後から加わるという不利な境遇ではありますが。
どうも菅沼さんと仲良くしているところを鹿田さんに見られたくないんじゃないかと思います。
「鹿田さんに嫉妬されちゃうわ」とでも言いそう(笑)

fc2blog_20120411230015e7c.jpg
プロフィール

タント嫁

Author:タント嫁
現在は夫のタント、2人の娘と楽しく暮らしています♪
このブログに辿り着いてくれた方、下のカテゴリからまず自己紹介を読んでいただけたらと思います☆

タント家の娘
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。