スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月26日現場訪問記 -ファイナル-

おはようございます
今日もタントが書きました。
お下品じゃないですよ(笑)
4回の連載となった2月26日現場訪問記。
今日がファイナルです

先日タント嫁が「タントはピンク好き」とバラしましたが。
確かにピンクも好きですが、タントが一番心躍る色はなのです

最近このブログを読み始めてくれた方、最近の現場写真を見てもイタリアの香りはしないと思いますが
実はイタリア風の家を目指しているのです、テキトーにですが(笑)
過去記事参照→タントの由来

そんなタント家の象徴として考えていたのが、しあわせ家さんスタジオ2階のイタリア製ドア
11回塗の鏡面塗装で、ピカピカのフェラーリレッドのドアです
深みのある赤にピアノのように映り込む美しさに、初めて見た時からうっとり一目惚れ

でもどう見ても高そうなので、高嶺の花だったんですが。。。
ある日、鹿田さんに聞いたら「普通のドアとたいして値段かわりませんよ」との返事
このドアは新居に絶対採用すると心に決めたのでした

しかし設計打ち合わせが進み、見積もりが出たある日。
鹿田さんに「すみません。あのドア凄く高かったので、違うドアにさせてください」と申し出が。。。
とても気に入っているドアなので、どう違うドアなのか聞いたところ、高さが小さくなるだけで質感は同じドアとのこと。
それならいいやと小さいドアに決定

・・・長らく時が流れて、、、先日、大工さんが赤いドアの取り付け作業をしていました。
ん?
あれ?
ドアに姿がうつらない
その場にいた菅沼さんに「鏡面じゃないんですか?」と確認したところ、「はい。鏡面じゃないですよ」とキッパリ

おいおい、たのむよ、鹿田さ〜ん

大工さんがとても苦労して取り付けていたのと、最初のドアは高いと聞いていたのがあったので、その場では何も言えずにしょんぼり帰宅。
家に着くとタント嫁が「私、鏡面は派手過ぎるから本当はこれくらいマッドな方が良いと思ってた」と発言。
今さらそんなこと言いなさんなもっと早く言いましょう(苦笑)

でもそう言われれば、空間全体を考えた時にマッドな方が落ち着きがあって雰囲気良いかも
とちょっぴり思いました。
いずれにしても鏡面の方は手が出ない金額なわけだし。

そこで2月26日現場訪問で、取り付けられた姿をチェックしたのでした。

まだクロスが貼られていないのでわかりにくいですが。。
マッドの方が上品で上質に思えました
鏡面のドアは、そこだけ浮くかもしれない。

よって結論。
鹿田さん、グッジョブ
スポンサーサイト

定期健診

一年ぶりに娘の股関節の定期検診で病院に行ってきました。
娘の股関節については過去記事→夏の抜け殻

レントゲンを撮って診察をするんですが。。。
診察の前に、先生が「電子カルテに切り替えになったので・・・」と言って今までの紙のカルテに貼ってあった娘の足の写真をくれました。

また一年後に経過を観察することになり、何事も無く診察は終わったんですが。
紙のカルテを見ながら、はじめは母を連れて三人で診察に来たことや、こういう理由で治療を始めたんだったね~と先生も懐かしそうにしていました。

娘ぐらいの症状だと先生によっては治療をしないという選択肢もあったけれど、大きくなってからの万が一を防ぐために積極的に治療を勧めている。と言っていました。

最後に、「治療中は大変だったと思うけれど、何より将来が大事だから。」ともぽつりと言っていました。

人間って、「嫌なこと」や「都合の悪いこと」
は耳をふさいで逃げてしまいがちですよね。
その時はよくても、モヤモヤやわだかまりはずっとずっと後ろをついてくる・・・

今日の先生の言葉を聞いて、「治療をしましょう」と言われたあの時、きちんと向き合ってよかったと心から思いました。
娘はこれから一生を自分の足で歩いていくわけですもんね。
同時に、「この先生に任せてよかった。」とも思いました。
引越したら、紹介状で別の病院に・・・ってなってしまうかと思いましたが、その心配もなく一安心

とはいえ、治療中はひどく落ち込み傷ついた時期もありました。
周りから「かわいそう」と言われるたびに、ひねくれ者のタント嫁は「そんなの、親が一番判ってるし思ってるよ!」と思ってしまったり・・・
外に出るのが嫌で嫌でたまらないこともありました。

でも何より、治療をしたおかげで、より娘を愛し家族としての絆が強くなった気がします。
普通はあまり目にすることができない、娘の骨の成長を見ることもできました。
見た目の変化だけではなく、体の内部も着々と育っていく娘。

これから先も、きっと怪我をしたり病気をすることもあると思いますが、どんなことも一緒に乗り越えていける家族でありたいと思いました。

タントの靴を勝手に履いて元気に歩いています(笑)
「ワンピースの漫画本もってきちゃダメ」と言われてブスッとしてますが

iphone_20120226211046.jpg

納車

本日・・・プレマシーが納車になりました

iphone_20120305024848.jpg

タントは、人生初めての新車。
新しいってただそれだけで何だかワクワクするね。

娘が産まれる前までは、2人で色々な所を旅行してきました。
その時の気持ちを思い出しつつ、
これから3人でのお出かけが、ますます楽しくなりそうです。

車が第二のお家って気持ち、今ならわかるな~。

iphone_20120303172813.jpg

私達だけではなく、数日前から娘もとても楽しみにしていました。
もう、足がチャイルドシートと前の座席との間に挟まったり
ドアに頭をぶつけて怒ることも無くなるね

窮屈な思いをしていたからか、試乗の時から広い室内に入るとテンションが高かった娘。

自分で選んだチャイルドシートにどっかりと座り(笑)
しきりに、「おんせん、いく
と連呼していました(笑)
タントが富山まで連れて行ってくれるのが待ち遠しいようです。

実は納車後、現場で塗り壁を塗らせてもらってきました
その話はまた後日

明日は、下氷鉋のS様邸の見学会
娘と同級生のMちゃんのお家です。
以前の見学会でたまたまご一緒し、その後しあわせ家さんで建築が進んでいるのを知った時、タント嫁はとても嬉しくなりました
いよいよ見学会。
とても楽しみです
ひとときのご縁が、しあわせ家さんを通してこうやって繋がっていくって素敵ですね~

明日は新車で見学会にお邪魔します~
もちろん安全運転で!!

下氷鉋S様邸見学会

昨日の納車の記事で、写真を貼り忘れたので貼っておきました

今日はこの新車で、下氷鉋S様邸の見学会にお邪魔してきました。

まず、入口で、他のお家の見学会でも何度かお会いしているんですが、S様と出会った見学会のお家のオーナーたかちん様と偶然会いました。
とても輪を感じますね~。

今日は友達家族と一緒に行ったので、S様邸近くの公園で交代で子どもを見て、夫婦だけで見学してきました。
近所の可愛いにゃんにゃん「チヨちゃん」が近寄ってきてくれました

iphone_20120305023332.jpg

とても人懐っこいネコちゃんで、子どもに触られても嫌がらずに遊んでくれます。

iphone_20120305002512.jpg

「にゃんにゃん可愛い」と娘がチュッ(笑)

iphone_20120305002535.jpg

娘は「にゃんにゃん、また来るからね~」と言って名残惜しそうに公園をあとにしました。

S様とは、前に少しお話した感じで「何だか気が合うな~」と思っていたのですが。
キッチンの色のチョイスが全く一緒タント嫁がケチった部分をのぞいて(笑)
嬉しいのと、すっごくビックリしたのとで、興奮してかなりうるさいタント嫁・・・
同じ時間帯見学されていた方、失礼しました。。

タント家は、カウンターをちょっと変えているので、S様邸とは雰囲気が違いますが
シンクの形と色、扉の色、取っ手部分。
ここまで偶然に揃うのは、稀だと思います~。

和室の、リビングとの「つながり」と仕切った時の「プライベート感」。
とても良くバランスがとれいているな~と思いました。
襖のレール部分も綺麗で、細部までこだわりが感じられました!

壁や襖だけではなく、しあわせ家さんは本当に色々と選択させてくれますよね~
決めていくのがちょっと大変な部分でもありますが、タント家も、決め終わった時は満足感と現場で次々と再現されていく楽しみが待っていました

細かなところですが・・・
壁紙も「こんな柄もあったの~!」とタントと二人で驚きながら見ていました。
カタログ全部見たつもりでいましたが、相当抜けてましたね(笑)

ウォークインクローゼットは、片づけに行ったらそのまま籠ってしまいたいくらいの落ち着きと、何だか癒しのある不思議な空間になっていました

2階トイレもとても可愛かったです

スライドムービーは、今日のタント嫁はちょっと感動して泣いてしまいそうでした。
お家作りを通して家族の歴史の一部を見せていただいているようで、お客様の声も好きですが、こちらもとても好きです

お家作りが終わって、いよいよ住み始め、またひとつ家族の歴史が始まっていくんですね。
S様、おめでとうございます。
今日はありがとうございました

塗り壁体験

土曜日に和室の塗り壁を体験させてもらってきました。

左官屋さんは、手際良くサクサクと作業を進めていっていました。
特に、とても塗りにくかったと思うんですが・・・カウンター下の塗りにくいところも、しっかり塗ってくれました

iphone_20120305081055.jpg

さて、自分達も挑戦したわけですが・・・
もともと、体験だけ楽しませてもらって、その上から左官屋さんに塗り直してもらうつもりだったんです。
しかし左官屋さんは「それじゃつまんないじゃん」の一言。
楽しい左官屋さんの雰囲気によるその場のノリで、自分達で塗る部分をそのまま残すことになりました

まず、コテに塗り壁の土が乗っからない
そして塗りだすと、均等に塗るどころか、左から右に塗っていくたびに何故か土が溜まっていく・・・
そしてところどころに穴が
とても、見れるようなものではありませんでした

左官屋さんに修正していだたき、模様をつけるのを体験
こちらは、私達がどこを塗ったのか菅沼さんも気がつかないほどの出来(笑)

気さくな左官屋さんと、ワイワイ賑やかに塗り壁を塗り、楽しく時間が過ぎていきました。
とてもいい記念となりました

「トイレの塗り壁もやるかい~?」の言葉にさすがに穴あきトイレは困るので(笑)
そこはプロにお願いしました
娘も塗り壁、いい仕事したんですよ

iphone_20120305081042.jpg

娘のいい仕事は、見学会でご覧ください
出し惜しみ(笑)

その他の現場の様子はといいますと。。。
クロスの下地が塗られていて、とても派手な状態に

iphone_20120305081016.jpg

そしてもっと派手なものが・・・

iphone_20120305080956.jpg

たくさんの色の塗料が置いてありました。

iphone_20120305081030.jpg

この辺の塗料は今回塗り壁体験をさせてもらった和室とは関係無いんですが。。。
これがどこに使われるのかは、見学会でご確認ください

いよいよタント家見学会の話が、しあわせ家さんのホームページで出始めたので、田尻さんに「ネタバレした」と言われないように、出し惜しみしていこうかと思います(笑)

今までいろんな方の家づくりブログを拝見させていただいていて、最後だけみょうに進行が早くて、少しづつ進んでいたのに最後は一気に完成したな〜とよく思っていたんです。
が、大工さんが去った後は、内装関係の方が一気に入って同時進行するから早かったりするんですね。
この日も左官屋さん、クロス屋さん、電気屋さん、タイル屋さんなどなど、10人以上の人達がそれぞれの仕事を進めてくださっていました

日曜日に現場に行ったら、お休みなのにタイル屋さんは作業してくださっていました。
タント家は他のしあわせ家さんのお家と比べて、タイル屋さんに負担をかけたところがありますが。。
そのタイル部分だけで2日半も手間をかけて、丁寧にやってくださったようです。
とても綺麗に仕上がっていました
こちらも見学会でご覧ください
くどいですね(笑)

デザインあ

タント娘は赤ちゃんの頃から、「おかあさんといっしょ」や「いないないばぁ」も好きではあるんですが、「ピタゴラスイッチ」の方が好む傾向がありました。

タントに話すと「なんでこんな寂しそうな・・・」
あまり子供っぽくないものを好むのか?
と二人で首をかしげていたものです

娘の好みの問題なのでどうこうって話ではないんだろうけれど。
育児サークルでも、他の子がキャッキャと歌にあわせて踊る中、立ちつくしている娘を見ると親として「うーん。。」と思うものです。

ですが・・・
そんな娘の新たな好みを発見しました
「デザインあ」です
今日のデザインは、椅子でした。
色々な椅子が出てきたんですが、一生懸命「いす!いす!!」と興奮して指差していました

何か規則性のあるものが好きなのかも?

次はどんなものが好きになるでしょうか?
娘の知らなかった一面を見つけるのが、最近ちょっと楽しみです

旅立ち

タント嫁の一番下の妹が春から社会人になります
今も寮で実家から離れて暮らしているんですが、そのまま一人暮らしに移っていきます。
歳があまり近くないので、かまってあげることも、姉らしいこともほとんどしてあげられませんでした

ですが、勇気を持って進路変更をしたり、目標の為に頑張れたり。
しっかりと自分を見つめられる子だと思うので、心配は全くしていません。

こういう時に、なんて言葉をかけたらいいかわからないので、直接は言いませんが・・・
嬉しいことなんてほんの一握りで、社会に出てわかる現実の厳しさ、辛さをこれから経験していくのかと思うと、頑張ってほしいなぁと思うばかりです。

壁を越えた先にもまた壁がある。
途方に暮れたり、時には苦しかったり、失敗した。。。と思うこともあるでしょう。
でも、すべて未来の自分を形成してしていく糧となり力となる。

答えは自分でつくっていけばいいよ。
「一生勉強」

新しい旅立ちはきっと希望に満ちている

バナナケーキ

雪が雨に変わり、暖かい日も増えてきましたね。
いつの間にかカゴの中でバナナが完熟していたので、またシリコンスチーマーでバナナケーキを作りました。
レシピは過去記事から「おとといのブログ」ってとこをご参照ください
コチラ→続キャラメルバナナケーキ

2本まとめて一気にオーブンで30分
いつもよりちょっとこんがりしているのは、ミックスが足りなくて少しココアを混ぜたせいです。
バナナケーキは、焼きあがる時にすごくいい匂いがするので、タント嫁はお気に入りです

iphone_20120308000122.jpg

焼きたてふわふわを一切れ
娘は砂糖ゼロの素朴な味を味わいながら、すっかり気を良くしたようで(笑)
「写真撮ってもいいよ~。」と言わんばかりの笑顔を大サービスしてくれました。

iphone_20120308000145.jpg

一生懸命頑張ってお手伝いして、バナナを潰したかいがあったね
もちろんこの後、おかわりをねだられましたが・・・
「オカワリダーーー」って(笑)
残りは冷蔵庫で寝かせてまた明日
1日ねかすと、味が落ち着いてより美味しくなるんですよ〜

しかし上のレシピの過去記事の写真と比較すると、娘、成長しましたね〜
赤ちゃんぽかったのが、幼児になってる
こうして振り返れるのも、ブログの良いところですね

本質

いつも読んでいただきありがとうございます
タント嫁の独り言に気分が悪くなる方もいらっしゃると思うので・・・
今日はスルーしてください。

激混みの、とある駐車場。
優先マークのついたスペース付近で久々に、胸クソ悪い・・・とても残念な光景を見ました。

そこに駐車していた、赤ちゃんを背負って子どもの手をひいたお母さんに対して心無い言葉が飛んでいきました。

駐車場が空くのを待っていたタント嫁の前にいた軽トラの窓が開いたと思ったら、
「ここは、障害者と老人専用だろ?早く車どかしてよ」

私だったら「はぁ~?
と不機嫌全開になるであろう状況に立たされ・・・
そのお母さんは一言「すみません」と言って、慌てて子どもたちを車に乗せて去っていきました。

どこかで読んだような光景に、まさか自分がこんな日常で出くわすとは思いませんでした。

用事を足している間、さっき車に乗っていたおじいさんが談笑しながら、楽しそうに元気に目の前を通り過ぎていく様子を横目で見ていると。。。
怒りを通り越し、憤慨をも通り越し、只々虚しい気分になりました。
自分よりもそのスペースを必要としている人がいるのに、恥ずかしくないですか?

同時に、一瞬車を降りて注意しようかと思ったけれど何もできなかった自分にも苛立ちました。

ある人がツイッターで、
「周りの人の事を気にして若いお母さんがバスが発進するまでの待ち時間を車外で過ごしている。
赤ちゃんだって寒いだろうに。中で待っていてくれよ。そういうのを受け入れるのが、当たり前な世の中であるべきだよ。」
とつぶやいていたのを思い出しました。

子育てに特化した話しだけでは無く、こういう問題が日常的に目につき、町に溢れている現状は今の日本の社会の縮図だと思います。

人としてほんのひとかけらでも、誰かを思うことができないのは本当に残念なことです。
同時に、思っても行動に移せなかった自分が恥ずかしくなりました。
あの時のお母さん、本当にごめんなさい。。

どんなに上辺だけ取り繕って、仮面を被ったところで、どこかでふと人間の本質が出てしまう瞬間ってありますよね。
今一度、自分に問いかけ、母として、人として、恥じることない行動をとっていきたいと思いました。

ゴミの歩む道

ここのところ、家づくりと直接関係無い記事が続きましたが。。。
タント家見学会に向けて出し惜しみし始めたので家ネタはあまり書けません
菅沼さんから「内装工事終わりました」と聞いて、明日見に行くのでついつい写真ガンガンアップしてしまいそうですがね(笑)

そこで新コーナー設立
「ボツになったこと」

タントが考えてきたけれども実現化できなかった、もしくはしなかった奇抜なアイデアをご紹介します

第一弾の今日はゴミ問題。
2階リビングとなるタント家にとって、ゴミの置き場は大きな問題なのです。
勝手口から外に出すってこともできませんし、階段を生ゴミが歩いて行くのもできれば避けたいし

そこでタントが考えてきた案は・・・
ベランダに滑り台をつける(笑)

iphone_20120310112617.jpg

ダストシュートは中でゴミが漏れると悲惨なので、公園にあるような開放的な滑り台にゴミを滑らせるイメージです。
通りがかった人が、ゴミが滑って行くのを見たら驚きますね(笑)

内山さんと相談した結果、スペース的なことやその他もろもろでボツに

ゴミ問題は、ベランダに滑車をつけて井戸のようにゴミを下に降ろそう
ということでひとまず落ち着きましたが、これはまだ保留
万が一、滑車からゴミが転落すると、庭にゴミ爆弾投下になっちゃうし。
今もなお、タントは別の案を考えているようです

明日は富竹のY様邸完成見学会。
今からタント家に反映できる部分は限られてきますが、それでも参考になると思うし、何より楽しみです

富竹Y様邸完成見学会

今日は、朝から富竹Y様邸見学会にお邪魔してきました
40坪、5人家族のお家
今回も、見どころいっぱいの素敵なお家でした

まず、キッチン側とリビング側からも入れる脱衣は、家事動線バッチリ
キッチン横にダイニングテーブルが横付けできるのも、とてもいいですよね~!!
坪数が多いと、それだけで色々なことができますね

でも、ただ全体が大きい、部屋が広いだけではデットスペースができて、結局は勿体ないだけになってしまいます。

いつも、見学会の案内写真の家具を入れた雰囲気で、伝わってくると思いますが・・・
しあわせ家さんは初めに家具の配置、部屋の使い方をしっかりヒアリングして、その人の使い方に適したサイズ、レイアウトを考えて作っているので、無駄のない造りになっています
図面や模型でも何となくイメージは掴めますが、完成が近くなってくると、ますますそれを感じることと思います。

また、そのスペースや空間を生み出すために階段下の収納や、動線や間取りを工夫することも忘れないところ。
いつもながら、お見事です

家族の人数が多いと、荷物の量も多くなりますよね。
タント嫁も5人家族でしたが、自分だけの部屋ってものがなく育ったので、お子さん達のお部屋を見て羨ましくなりました。

小さくても、自分だけのスペースっていいよな~。
きっと、お子様たちも楽しみになさっているでしょうね

ちなみに、タント嫁の実家ですが、タント嫁が当時小学生だった十数年前に新築されていますが、打ち合わせに行った記憶がほとんどありません

子供だったとはいえ、自分達の生活する部屋、住むお家。
お家作りを通して思ったのですが、打ち合わせなどに毎回子供を連れていくのは大変です。
でも、家族皆のお家ですから家族全員で積極的に参加して造り上げていった方が絶対楽しいですよ

何もわからないと思っていた2歳の娘が、できていく自分のお家を見て嬉しそうにしているのを見ると、家族全員でお家作りに参加できてよかったと心から思いました

さて、次回はうちの見学会ですが、今まで見せていただいた素敵なお家と同じように、今度はうちがしあわせ家さんの見学会会場になるのがとても不思議な感じです。

今日もちらっと現場に行ってきましたが、もうほぼ完成してしまって嬉しいようなちょっと寂しいような・・・
そんな気持ちになりました。

来週は、少しだけ家具を搬入
しあわせ家さんの家具ではなくて、私達が実際に使う家具を少し入れます。

使い古したソファが置いてあったりしますが、「何コレ(´ε`)」とか思わずにご覧くださいね(笑)

スタンプ

昨日は現場で写真を撮ってきたので、載せようかと思ったのですが。。。
うっかりしていて写真が手元に無い
現場写真は明日アップすることにして、今日は別の内容で。

雑貨好きのタント嫁ですが、その中でも好きなのがゴム印。
昔、仕事で領収印を押しすぎ腱鞘炎になったのにもかかわらず・・・
趣味でコレクションしているゴム印は、大・大・大好きなのです

特に注目しているのが、東京アンティークさんのスタンプ。
ついに、この前お正月の福袋企画で購入しちゃいました
しばらく押さずに眺めていたんですが、ついに押してみました。

感想・・・ゴム印という言葉があまりも似合わない(汗)
こちら、タダのゴム印じゃないんですよ
分厚いゴム部分が、安定感抜群
押す時とっても気持ち良く押せるんです
こーんなに押しやすくて、快適なスタンプは珍しいと思います。

全てパターンを起こしてデザインされているので、超繊細な模様もあったりして、レース模様とかとっても綺麗
市販品にはなかなか無いクオリティーなのです

タント嫁は、タグにも使えてシンプルなコレがお気に入り
嬉しくって、いろんな所に押しちゃいます。
娘も押してほしいと言うので、アンパンマンの落書き帳にも(笑)
失礼します~。

iphone_20120307214040.jpg

押し方が下手でだいぶ擦れてますが・・・。
布に押すとこんな感じ。

iphone_20120307214054.jpg

ちなみに、セットを買うと可愛らしい缶に入ってくるんですが、缶が在庫限りで終了してしまうそうです
終了したら袋入りになってしまうとか・・・。
う~ん。。そう言われると、買い足したくなってしまいますねー

iphone_20120307214106.jpg

あと、東京アンティークさんはネットで簡単に様々な模様のオーダーのイニシャルスタンプが作れるんです。
その中でも、よくあるダブルではなくトリプルイニシャルのものがあって、他のスタンプ同様鼻血が出るほど素敵

タント嫁も、いつか密かにオーダーしたいと狙っております


最後の現場訪問記

日曜日に現場に行ってきた時の写真です。
現場訪問記で現場写真を公開するのも、いよいよ今日で最終回となります

まずは外観から

iphone_20120313011235.jpg

足場が取れてスッキリ
玄関ドアはまだ養生されていて、ポストと表札もまだ付いていないので、もう少し表情が変わりますが、外観はほぼ完成です

玄関を入ると・・・

iphone_20120313011311.jpg

過去記事→玄関照明
で書いたプチシャンデリアがあります
照明を探していた時、タントがネットで気に入ったプチシャンデリアを4つピックアップしてきたのですが。。。
そのうちの3つはこのプチシャンデリアでした
お店によって名前が違うから気づかなかったそうです(笑)
それだけお気に入りのデザインです

この奥の壁に白い枠が入って穴が開いてるのがわかりますかね?
ここにはステンドグラスの窓が入ります。
過去記事→ステンドグラス

iphone_20120313011510.jpg

ステンドグラスの周りに白い枠をつけてもらいました。
この枠に取っ手を付けて、斜めに倒して風を通せる窓になります。

最初は玄関側を正面にする予定だったんですが、子ども部屋から見た方がいい感じだったので、将来リビングになるってこともあるので、子ども部屋側が正面になるように取り付けてもらいました。
贅沢な子ども部屋だ〜

子ども部屋と反対方向、家族玄関にはベンチを造作してもらいました。

iphone_20120313011255c.jpg

窓と鏡を入れたかったので、どうせその部分の壁には小さな収納しか作れないなら、収納の上をベンチにしてしまえば、靴履く時に便利かもって発想でつくってもらいました。
娘の後ろに光っているのが窓で、その左側に全身鏡をつけてもらいます。

2階にあがって、リビングのテレビ後ろのエコカラットです。

iphone_20120313011525.jpg

エコカラットを近くから撮影するのを忘れました
質感がわかりませんね

過去記事→リビングのスポットライト
で書いた照明も付いています。
これはエコカラットに陰影を出すためと、この写真左側部分につけるタント家リビングのシンボルとなるイタリアのデザイナー時計
アルティ・エ・メスティエリ
の影を出すために付けたスポットライトです

照明が付いたので、暗くなってから明るさと雰囲気のチェックも少ししてみました。
全部ではなく部分的に点灯することで雰囲気を変えられるように考えたので、電球色の一部の照明だけ灯すと、おいしいお酒が飲めそうな雰囲気になりました

iphone_20120313011620.jpg

これで現場訪問記は終了です。
が、見学会用に温存して写真を公開しないってわけではありませんよ

日曜日はまだ床も養生されていて、ほとんどの室内ドアも入っていませんでしたが、昨日室内ドアが入り、今日明日でクリーニングが入っているので、もう「現場」って雰囲気ではなくなっているでしょう。
だから現場訪問記は終了、これからは「新居写真」としてちょいちょい撮ってアップしていきます(笑)
見学会前に見せ過ぎない程度にね

タント家完成見学会は3/31と4/1の2日間開催です。
みなさん、ぜひお気軽に遊びに来てくださいね

チャオル

お友達に誘われて、高山村の子育て支援センター、チャオルに行ってきました
前から、色々なママ友からとても良いと聞いていたのでワクワク

広ーい室内にはおもちゃがいっぱい!
娘は、着くなり片っ端から色々なおもちゃで遊んでいました
アパートでは、周りを気にしながら遊ばせているので、
どの子ものびのびと遊んでいる様子を見て、タント嫁はちょっと解放された気分に

iphone_20120314215453.jpg

うちの滑り台と違ってサイズも高さも大きいのに、いつも通り遊ぶ娘。
「足が届いてませんが~」ってヒヤヒヤしている私をよそに、
「慎重に登ってるから大丈夫よ」という顔でこちらを見ている娘。

ダンスの時間も、紙芝居も初めての場所にしては楽しめていたようです。
お友達もいっぱい来ていて楽しかったね~
帰りに車に乗せると、早速「またチャオル行こうね。」って言ってました

今日は、ホワイトデーということで・・・帰って来て娘と一緒にひと眠りした後、残業でお疲れ気味のタントにフォンダンショコラを作りました。

iphone_20120314215520.jpg

タントがお腹を壊しやすい体質なので、どうしてもケーキを焼くときに意識して焼き過ぎてしまいます
今回も、ちょっと焼き過ぎてとろけないと思いますが
味は美味しかったです

余談ですが・・・
最近、チョコレートを湯せんしているとよくお客さんが来ます。
今日も「ピンポーン♪」と来客が!
チョコレートには、なにか魔法があるんでしょうか??

コンポスト

タント家が家づくりで今一番考えていること
それはコンポストです

新居ではちょっとした庭いじりをしたいと考えています。
枝豆、ブルーベリー、ハーブ、紅葉あたりを育ててみたいなぁと

先日書いたコチラ→ゴミの歩む道

このゴミ問題で、タントが考えてきた最新の案がコンポスト
生ゴミ等を肥料に変えて有効利用しようというものですね。
結論から言うと、2階キッチンまたはキッチン横ベランダに生ゴミ処理機を置こうかと考えています。
奇抜な滑り台案と比べて、いたって普通でマトモな案(笑)

前に書いたこのゲーム→なまいき・・・
でビオトープに興味を持っていたので、最初は段ボールコンポストとかバイオ式生ゴミ処理機とかを検討しました
しかしこのゲームで二次元の虫には耐性がついたものの、現実世界のミミズや虫は勘弁願いたいタント嫁に段ボールコンポストは無理
初心者にはハードル高いし
バイオ式は維持費がかかるので難しそう。

となると乾燥式生ゴミ処理機
これは電気代が結構かかるみたいで、環境を考えるとゴミの減量はいいけどそのために電気を使うってどうなの?
とも思いましたが、タント家には深夜電力も大規模太陽光発電もあるので問題無いでしょう
自治体から「購入費用の半額または3万円の補助金」がいただけるので、導入してみようかと思っています。

こんなやつ


2階リビングで邪魔者だったゴミが、これで植物の成長を助けるありがたい肥料に変身してくれれば素晴らしいんだけどな〜
生ゴミ処理機は使ったことが無いので、まだよくわかりません

シールメーカー

綿半の安売りワゴンでちょっと気になるものを見つけました
半額以下だったので買おうか迷っていたところ、とりあえずiphoneで検索。

簡単にシールが作れるザイロンのシールメーカー。。
写真のスクラップブッキングや雑誌の切り抜きやイラストをシールにできます
結構人気商品なんですねー

「子供も喜んでシールを作ってます」とレビューに書いてあったので、すかさず確保(笑)
こんな商品を叩き売ってる綿半侮りがたし。。。
そんな綿半の戦略に乗って、つい替えのテープまで買い占めてきたタント嫁
タントに報告するとすっかり呆れられてしまいましたが・・・。

娘と一緒に作るようになるまではまだ時間があるので、それまではこの前買ったスタンプでシールを作ってみたりして使おうと思います~

ダイニング搬入

今日は、あいにくの雨でしたが
お隣のT君のお家の引っ越しのお手伝いと、うちのソファーを新居に一緒に運んでもらいました

新居は、まだパインの床材に塗った床のニスの匂いがしていましたが、建具もすべて入り、養生もほぼ取れていました。

アイアンの手すりも届き、午後にはダイニングセットも届いて順調に・・・
と行くはずでしたが、ダイニングセットにちょっと不具合があり、結局机も椅子も全て交換ということになりました

配送の方が組み立て中に不具合に気がついてお店に連絡してくださったようで、タント嫁の携帯にもお店からすぐに連絡が来ました。

内容は、「製品に不具合があり大変申し訳ない。」という謝罪と、「後日改めて新品と交換&配送という対応でいいかどうかの確認」でした。
とても丁寧な電話だったので気分を害することもなく、製品に不具合はあったものの、むしろ「ここで買ってよかった」と思ったぐらいしっかりとした対応でした

どれもそんなにたいした不良でも無いんです。
しかし配送の方が自ら「ココがこうなっているのを見つけたので交換させてください」と申し出てくれ、結局机、椅子2脚、ベンチの全て交換することになりました。

そりゃあ、何事もないに越したことはないのですが・・・
何かあった時の対応って、とても大事ですよね~
買ったそのモノや受けたサービス自体の評価だけではなくて、お店全体としての評価につながります。
今回は、信頼度がだいぶアップしました

配送の方は2階まで凄く丁寧に運んでくれ、時間をかけて組み立ててくれていました。
搬入の時に壁等に傷をつけていないか等も、作業後に一緒に確認することになっているようで好印象でした

次回は運んできて同じように組み立てて2度手間になるだけではなく、今日のダイニングセットを解体して、運び出す作業もあるので。。。
そんなに高いダイニングセットではないので・・・ちょっと申し訳ない気分です

こんな感じでバタバタしていて写真が撮れなかったので、写真は明日撮ってアップしたいと思います

最後になりましたが、T君ファミリー、引き渡し&お引っ越しおめでとうございます

ダイニングセット

タント嫁のお買い物日記
昨日記事にした、全部交換になるダイニングセットです。

iphone_20120319005544.jpg

ダイニングセットはパインで、床材にも無垢のパインを選んでいるので、統一の取れたダイニング空間となりました

このダイニング、北側なのに気持ち良い空間になっています
道路に面した窓からの視界が良く、勾配天井で解放感があるからでしょうか。
床のパインも、柔らかくてあったかくて心地良いです

iphone_20120319013037.jpg

今日は新居で椅子を組み立てたり、写真をいっぱい撮ったりしてきました。
組み立てた椅子や撮った写真など、少しづつしていきますね~。

見学会まであと2週間

昨日撮ってきた写真をします。

まずは何度か記事にしているステンドグラス
窓に変身して取り付けられました。

DSC_0182.jpg

子ども部屋で娘は嬉しそうに走ったり寝転んだりしています。

DSC_0191.jpg

子ども部屋とダイニングの床は無垢のパインです。
実物は想像以上に良い雰囲気でした

iphone_20120319015510.jpg

寝室の床は無垢のソノケリン。
これはかなりかっこいい床材です

iphone_20120319015532.jpg

タント家は基本的には子どもが明るくナチュラルに伸び伸び成長していける雰囲気を考えています。
が、寝室だけは子どもの事を考えずに好きにしたので、他とだいぶ違う空間に仕上がりました

その他の床は無垢のカバ。
リビングや廊下がこれですね。

DSC_0238.jpg

和室のカウンターは無垢のノタ付で製作してもらいました。
味があって良い感じです

iphone_20120319014103.jpg

和室の壁は薩摩中霧島壁という自然素材の火山灰の塗り壁です。
白のなできり仕上げにしてもらいました。

一部は自分達で塗らせてもらいました→塗り壁体験

和室には、北側ですが大きな窓があり、カウンターからの眺めが良いです

iphone_20120319014123.jpg

玄関タイルはテラコッタ調のものに。
タント家はシンプルモダンの中に南欧風要素を取り込み、どっちにも寄り過ぎないバランスを目指しているので、南欧風要素の強いテラコッタを使うのはちょっとビビったのですが。。。
タントはタイルといえばテラコッタという憧れもあって、思い切って使いました。
ものぐさなタント嫁としては、汚れを考えると白いタイルじゃなくて正解だったかな

DSC_0164.jpg

この前、写真を撮り忘れた、リビングテレビ台の後ろのエコカラットのアップも撮りました。
シンプル過ぎず、主張し過ぎず、気に入っています
微妙に色違いの物もあって選びきれなかったので、色は鹿田さんに選んでもらいましたがグッドチョイスでした。

iphone_20120319013928.jpg

玄関にも同じ物を少し貼ってもらいました。
ブラケットはエコカラットの陰影を出すために選んだものです。

DSC_0187.jpg

和室の畳のへりはこんなのにしました。
かわいい

iphone_20120319015608.jpg

夜明け前

まだ辺りは真っ暗ですが・・・
タント家とプレマシー、始動です

白銀の世界の日の出

明るくなってきました
ここは豪雪地帯ですが・・・もう大した雪ではなくなってきています。

朝日

太陽が昇りました。

うま~い

お昼ご飯はふわふわトロトロのこんなものを~♪



タント家がどこに来たかわかる強者はいますかね~?
こんな赤だしが結構好まれる圏内です☆

大漁

今日のお宿はこんなところで。



この舟盛り他、大食いのタント家でも食べきれずに朝ご飯に回してもらうほどの量です。

夜明け

雪が降りました。

カレーうどん

この県ではかなり有名なお店で~す。

トイレ

いつも思うんですが、この県は子連れに優しいのです。



本当に使えるトイレなんですよ~!

翔龍

タントのラーメンランキング1位の塩バターコーン&味噌バターコーンを食べて、これから長野に帰りま~す。

富山旅行

朝の4時、まだ外は真っ暗なうちから出発し。。。
プレマシーの試乗と、髪の毛を切りに、あと定期的に翔龍のラーメンを食べないとタントが発狂するので(笑)
富山に行ってきました。

タントは富山の大学を卒業しているんです。
娘が生まれた今はそうそう行けなくなりましたが、それまでは髪を切るためになんと富山まで行っていました
タントと15年くらいの付き合いのある、ちょ~~イケメンの美容師さんがいるんです。

道中、娘がよく寝てくれていたので初めてプレマシーの助手席に座りました。
今まで乗っていたマーチでも、娘が産まれてからはずっと後部座席に座っていたので・・・
久しぶりに助手席に座ったなー。

途中、海の近くの遊具で遊んだり。

DSC_0280.jpg

亀に乗って竜宮城に・・・は、行かなかったり(笑)

iphone_20120322020353.jpg

親ガメの大きさにびっくりしたり。

DSC_0309.jpg

いつもの生活圏から離れ、非日常を味わうことができるのが旅行の醍醐味ですよね~。

お昼にお好み焼きを食べたお店の向かい側に、大きな公園があったのですが、いっぱい家族連れが遊んでいました。
3歳以下はビュッフェが無料だったので、お昼には娘と同じくらいの子どもたちがいっぱいでした。

大型ショッピングセンターのトイレも、ちょうど写真には写ってませんが、隣にクッションで囲われた遊ぶスペースとミルク室がついていました。
調乳している間、一時的に子どもを置いておけるようにですね~。
もちろん、子どもの様子がチラッと見えるようになっていました

さすが、暮らしやすさナンバーワンの県なだけあって、色々なことが考慮されてます。

住んでいる人にとっては普通なのかもしれませんが、行くたびに驚きがいっぱいです
羨ましいやら、タントが大学卒業後、富山に残らずよく長野に帰ってきたなーって思ったり。

旅館では、おいしいお料理とタント嫁の大好きな温泉
が待っていました。
娘をタントに託し、ゆっくりと温泉につかることができました。

とても楽しい旅行となりました

DSC_0364.jpg

しかしこの写真の絶壁を見てどこだか言い当てた、こうさんは凄いです
ビックリしました

イームズチェア

タント嫁のお買い物日記
新居のカウンター用に、イームズチェアを1つ買いました

iphone_20120319015404.jpg

赤にしたのはタントの強い希望で、これは私が口を挟む余地は無し
タントは赤を差し色として入れるのが大好きで、新居でも赤をアクセントカラーとしてこの椅子、ポスト、寝室のドアに使っています。

ダイニングテーブルの搬入等の指定時間に幅があり、新居で気長に待たなくてはいけなかったので、その間に組み立て作業
この椅子と、以前IKEAで買ったポエングチェアを組み立てました

iphone_20120319013914.jpg

うん白とナチュラルな感じのリビングに赤が映えています
なかなか良い椅子だったので買い足しますが、次は何色にしようか非常に迷っています
このカウンターに赤の隣に置くなら赤が一番無難だけど。。。
オリーブグリーンやオレンジ等をカラフルに並べたい衝動にかられています。
今少し考えま〜す
プロフィール

タント嫁

Author:タント嫁
現在は夫のタント、2人の娘と楽しく暮らしています♪
このブログに辿り着いてくれた方、下のカテゴリからまず自己紹介を読んでいただけたらと思います☆

タント家の娘
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。