スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気料金を考える「中編」

前編の太陽光モニター写真の数字の見方を、6月を例に説明します

「タント家の屋根で741kWh発電して、そのうちの688kWhを中部電力に売り、214kWhを中部電力から買って、タント家では267kWhの電気を使っている」と見ます

「太陽光発電を搭載していても、結構電気買うのね」って感じた方もいますかね?
オール電化でエコキュート等が深夜電力を使っているため、昼間はどんどん高値で電気を売って、夜中に安値で電気を買っているためです。

741-688=53kWhもしくは
267-214=53kWhとなり、
発電した741kWhのうち53kWhをタント家で消費して、残りを売電していることがわかります。

中部電力のEライフプランでは、
9時〜17時がデイタイムで1kWhにつき31.43円
7時〜9時、17時〜23時が@ホームタイムで1kWhにつき21.23円
23時〜7時がナイトタイムで1kWhにつき9.33円
で電気を買っています。
逆に売る時は1kWhにつき42円で売っています。

夜間は発電しないので、自己消費の53kWhはデイタイムか@ホームタイムに使っているわけですが、
全てをデイタイムに使ったと仮定すれば、
53×31.43=1665.79円
全てを@ホームタイムに使ったと仮定すれば、
53×21.23=1125.19円
の電気代削減になっています。

これを、少な目に1125円として6月の売電分にプラスしても、
1125+26838=27963円が、太陽光発電が生み出す6月の収入となります。

太陽光発電のローンを10年で返済するとすれば、タント家の場合は月々の払いが22000円となります。

27963-22000=5963円が、太陽光発電を設置したことによる6月の金銭的な利益ですね

太陽光発電は利益にならないとよく聞きますが、タント家の場合、
・10年間は売電単価が変わらない
・パネルやパワコンに、10年間メーカー保証がある
・屋根に穴を開けずに設置している

これらの条件から、雨漏り等のリスクも少なく、ほぼ確実な利益を生み出すと考えられると思います。
誰にでもオススメできるものではありませんが、「10年ローンでの月々の返済以上に売電できる見込みがあり、設置することによる雨漏り等のリスクや故障のリスクを回避できる方」には、ぜひオススメしたいです
金銭的なメリットを置いておいても、何より太陽光発電のある生活は楽しいですよ

コメントの投稿

非公開コメント

そうかぁ♪

日中の電力は発電したものを使うのですね。
納得できました。
太陽光発電で採算が採れそうな環境って
いいですよね。羨ましいです。
最近こちらのほうでも
急に設置されている方、増えてます。
ただ、個人的には、
雪が降るとなると冬の日照不足
雪の重みでのパネルの負担も気になりますし。
色々な不安材料で本当に採算がとれるものなのかと
なかなか踏み切れないのが現実ですが、
タント嫁さんの記事でお勉強させていただいきたいです。

mico様

長野も雪国ですが、実は全国トップクラスの発電効率を誇るんです。
ソーラークリニックというサイトで、発電量マップが見られます。
雪はパネルで溶けやすいですし、年間通して考えると、雪国でもさほど不利にはならないようです。
雪の重みでのパネルの負担も、10年はメーカー保証があるのであまり気にしなくてもよいのではないかと思います。

でもタントは富山に住んでいたことがあるので、北陸で太陽光発電はやめた方がいいのではと言っています。
太陽が顔を出す日が少ないから、年間通しての日照不足が気になるのと、北陸の雪は水分が多くて重かったり、ドカっとまとめて降るのが気になるようです。
プロフィール

タント嫁

Author:タント嫁
現在は夫のタント、2人の娘と楽しく暮らしています♪
このブログに辿り着いてくれた方、下のカテゴリからまず自己紹介を読んでいただけたらと思います☆

タント家の娘
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。